名古屋オタ情報局

漫画や同人誌レビューをしつつ名駅周辺を中心に入荷状況をお届け。時々イベントのレポートも。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「奴隷うさぎとアンソニー」入荷。読んで良し。抜いて良し!

IMGP1606.jpg
赤月みゅうと氏の成年向けコミック単行本「奴隷兎とアンソニー」が7月4日、メロンブックス名古屋店に入荷した。
「奴隷兎とアンソニー」はCOMIC Mujin誌で連載されていた表題作と短編を1話収録したもので、表紙帯には『Hな欲望は私が全部叶えてあげるんだからね♥」の煽り文。


Hな欲望は私が全部叶えてあげるんだからね♥
少年・ヒロトのもとに現れた謎の少女『シャーロット初音』と兎の『アンソニー』。シャーロットは宣言する、「ヒロトのHな欲望全て叶えてあげる」と。そして、次々とHなアイテムを取り出し、ヒロトの欲望を叶えるのだが…。そんなシャーロットがヒロトのために行動するのは、二人の過去に理由があった!
Hと感動を合わせ持つ、赤月みゅうとファンに贈る名作『奴隷兎とアンソニー』を、是非あなたも!

――――――COMIC Mujin作者ページより引用。

IMGP1597.jpg IMGP1604.jpg
メロンブックスでは成年向けコミック新刊コーナー平台に2x4と結構なスペースを使っての陳列。販促POPは特に見当たらないが、すぐそばのモニターラックには前後左右4面に各2枚ずつ販促用ポスターが貼られていた。

IMGP1601.jpg
また、新刊と一緒に過去発売された同氏の単行本「少女×少女×少女」と「イノセント ~少女メモリア~」が同時陳列。イノセントの方は試し読みも可能。

なお、メロンブックスでは購入特典として表紙絵のポストカードが付属。
購入特典としてテレホンカードも付属という情報がまわっているが、それは秋葉原のメロンブックスの話なので注意。ちなみに名古屋はとらのあなでも配布。
ところで激しくどうでもいい話だが、表紙絵は股間にモザイクが小さくかけられているが、ポストカードではそれが全体的に縮小されているため無修正に見えなくもない。



ここからは局長による簡易レビュー

IMGP1609.jpg IMGP1611.jpg
本作はMujin掲載時のカラーがほぼそのまま(?)に2話分掲載。
赤月氏の描く女の子の特徴的な大きくて可愛らしい顔とむっちりした体とその艶、そして細い手足が十二分に楽しめる。
ちなみに上の写真はお風呂(部活棟シャワールーム)での乱交シーン。

IMGP1614.jpg
エロシーンは主にヒロインの出すひみつ道具を使ったイタズラからの和姦orちょっと無理矢理姦。ただし無理矢理とはいっても泣き叫ぶのを強引にというわけではなく、嫌よ嫌よも・・・な感じで女の子がだんだんと蕩けていくので「和姦」というか「甘姦」や「堕姦」といった感じ。
またどのエロシーンも「軽め」というよりは「濃厚」といった感じで、フェラシーン一つとっても非常にねっとりじっくりとした動きで非常にエロい。
甘姦とはいえ断面描写があるのでそういうのが苦手な人は注意。

ストーリー的にはもう実際に読んでもらった方が早いのだが、ただのバカエロ漫画と思いきやしっかりストーリーが作ってあり最後は感動ものになったのは驚き。
基本的にエロ漫画でストーリーものをやるとストーリー重視になって「エロいけど抜けない」というパターンが多いが、なんというかさじ加減が非常に絶妙で、抜けるのにしっかりストーリーとなっているのにはもうただただ感服。
よくあるエロいドラえもんかと思いきや、ラストは感動的なファンタジーだったでござる。


「奴隷兎とアンソニー」のレビューとしてはえろまんがかんそうぶんさん『ひみつ道具を使って好き勝手するシチュエーションは、卑劣さを漂わせながらもドリーミング。裸の女の子がずらりと居並ぶ集団裸体シチュエーションと、そこから始まるハーレム的な多人数セックスは、この作家ならではのもの。』や、E.M.D.2ndさん『最終話は衝撃的な展開で、いい話になっていたります。まさか行為展開になるとは思っていなかったのでびっくりしましたよ』などなど。


【関連リンク】
赤月みゅうと(Mujinホームページ)
赤月みゅうと/奴隷兎とアンソニー 「Hな欲望は私が全部叶えてあげる」(アキバBlog)
謎の道具でエロ三昧なエロ漫画・赤月みゅうと「奴隷兎とアンソニー」(にゅーあきばどっとこむ)
「奴隷兎とアンソニー」(メロンブックス特設)

【感想リンク】
『奴隷兎とアンソニー』――赤月みゅうと - えろまんがかんそうぶん
赤月 みゅうと氏 新刊 奴隷兎とアンソニー Hと感動を合わせ持つお話 - E.M.D.2nd
『奴隷兎とアンソニー (MUJIN COMICS)』:赤月みゅうとのかんそーぶん - 東雲さんの崩壊日記改
関連記事

| メロンブックス | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/119-d1bd2054

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>