名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

コミケカタログ発売開始。今年もまた・・・夏が来る!!

20120714_123016.jpg
8月10日から12日まで東京ビッグサイトにて行われるコミックマーケット82のカタログ(冊子版)が14日に発売となり、名古屋のアニメイト・メロンブックスでも販売が始まっていた。
今回の表紙は「花咲くいろは」のキャラクター原案Twitterでの奇行で有名な岸田メル氏だが、一部からは『LOっぽい』『LOかと思ったらコミケカタログの表紙だった』との声も。
確かに既視感を覚えると思ったらコミックLOであったが、こちらの表紙絵を描いている方とは別人。


コミックマーケット(Comic Market)とは、コミックマーケット準備会が主催する日本最大であり世界最大の同人誌即売会である。通称コミケ、またはコミケット。

なお、他の即売会と比べて知名度が別格であるために誤解されがちであるが、「コミケ」はこのイベントの個別名の略称であって「同人誌即売会」を指す言葉ではない。
数ある即売会のうちの1つがコミケである。

――――――ニコニコ大百科より引用

20120714_191310.jpg 20120714_191240.jpg
アニメイトではコミックス特設コーナー平台の1/2と新刊コミックコーナー平台約2/5を使用しての売り場展開。昼ごろ取材に訪れた際はさほど並んでいなかったが、午後7時頃に出直したところ山のようにガッツリ陳列されていた。
ちなみにこちらでは購入特典は特になし。

20120714_192932.jpg 20120714_123009.jpg
メロンブックスでは新刊同人誌コーナー平台を半分ほど使用してのタワー積み。
前日に何か忙しげに売り場整理をしているなー・・・と思ったらコレのためであった。
なお、去年冬コミの際は円形の塔を作っていた気がすることを思うと今回はちょっとおとなしい印象。ちなみに秋葉原のメロンブックスでは天井まで積み上がっていたっぽい。
ちなみに誰もやらないとは思うものの、一応安全のためか「ジェンガ禁止」の張り紙がしてあった。
購入特典としてスーパーそに子でおなじみ津路参汰氏完全描きおろしの「特製クリアボックス」が付属。現物を見せて頂いたがA4サイズと結構大きく、厚みはコミケカタログ程しかないものの結構いい感じ。
ちなみに購入時はこんな状態で、開封してから組み立てる方式。

20120714_193154.jpg
また、クリアボックスには応募用紙が同封されており、コミケ会場のメロンブックスブースで対象商品を購入することで貰える応募券と1500円分の定額小為替を送ることにより、クリアボックスで使用されている絵のB2クリアタペストリーが貰える。
いわゆる「応募者全員サービス」なのだが、貰えるまでが若干面倒なので注意。
というか普通に1500円で売るとかじゃダメなのか


なお今年のコミケ期間中、当サイトでは「当日のメロンブックスの様子」を例大祭の時のようにやりたいところではあったが、お店の忙しさや局長の本業の忙しさにより断念。
若干コミケ新刊紹介多めの通常運行を予定している。
どれだけ紹介しきれるか分からないが、メロンのイケメン店員Sさんからも「是非紹介してください」との言葉を頂いたので頑張りたいところ。


【関連リンク】
コミックマーケット
コミックマーケットとは Wikipedia / ニコニコ大百科
コミケ82カタログ アニメイト / メロンブックス / Amazon
岸田メル Twitter / HP
津路参汰 Twitter

コミックマーケット82 カタログ冊子版発売 「打ち上げ花火積み」 「岸田メルPOP」(アキバBlog)

LOかと思ったらコミケカタログの表紙だった^p^ - ジープ今囲
コミケカタログ冊子の表紙がなんかLOっぽい - がんま
関連記事
スポンサーサイト

| コラム | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/128-f3e11f02

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。