名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

これは女装革命か!?「女装少年」入荷。

20120725_082842.jpg
スクールガール・コンプレックス等で知られる青山祐企氏の女装写真集「女装少年」が名古屋では24日(?)に発売となった。
「女装少年」は青山氏の15冊目の写真集で、帯に『性別をこえた煌き。』とあるように今回は女装をした少年達がモデルとなっている。ただし収録されている写真はいつもの青山氏のように顔を外して撮影されている。


性別をこえた煌き。
男の子でもあり、女の子でもある。
そんな魅惑と誘惑のセカイ──

「女性の恰好をした男性」── 女装少年。
写真家・青山裕企によって生み出される、フェティッシュで甘美な世界がここにある。
「女装少年」の新たな魅力に迫る写真集。

――――――青山祐企HPより引用

20120724_201253.jpg
アニメイトでは24日に入荷。(確認済み)写真集や画集コーナーの一番上に陳列されていた。店員さんによると写真集はあまり仕入れないのがいつものパターンだそうで、この日は3冊しか陳列されていなかった。
購入特典は特になし。

メロンブックスでは20日以降ほぼ毎日チェックしていたが入荷の様子がないので今日確認してみたところ、「ちょっと分かりません。ひょっとすると既に売れた可能性が・・・。」とのこと。
23日が休日でたまたまチェックしていないので、どうやらその日に入荷して完売したっぽい。
なお次回入荷は未確認。


ここからは局長による簡易レビュー

青山氏というといわゆるサブカル系写真集の先駆けともなった方で、「顔を写さない写真が多い人」「フェチ系写真が凄い人」というイメージ。
冒頭でも書いたように、今回もほとんど顔は写っていない。
20120725_083226.jpg
「写真集」というとエロティックなモノを連想するものだが、青山氏の写真集はエロでもちょいエロ的なものが多くどちらかというと爽やか。
顔を写さないという部分がなんだか「イケナイモノ」を見ているような気がして背徳的というか、なんでもない写真なのにエロティズムを醸し出す。

ただその半面でシロイカラスさんが『女装としての魅力を感じなかった。ほとんど顔は出ていないし、パーツごとのアップショットばかり。何のための女装なのか。』とツイートしているように、顔等の「男」の部分が見えてこその「女装」じゃないかという気もするが、「これは男(女装)です」という前提のもとで見るという「新たな女装鑑賞」の提案ではないかという解釈をしてみたり。
確かにAmazonの詳細にも『顔を撮影せず、身体と動きで「女装」を表現するという、ひとつ独自の世界観をもって描き出される「女装そのもの」を収めた写真によるフェティッシュなフォトブック』とあるので、これは青山氏によるある種の「女装革命」ではないかというのは考えすぎかもしれないが、既存の写真集のようにただ眺めるだけでなく、そこにモデルの心情やその他諸々を想像もしくは妄想して楽しむのが正しい見方なのかもしれない。

20120725_083046.jpg
収録されている写真のコスチュームは普段着からセーラー服、チャイナやメイド服など結構種類豊富。
特にチャイナ服はバカテスの秀吉を連想してついついニヤリ。
そして絶対領域と見えないギリギリライン。この組み合わせは非常にヤバい。
しかし当然ながら全員足が綺麗。そしてよくよく見るとても細くて綺麗。
よくよく見れば確かに「男」なのだが、顔が見えないせいか「これ本当に女装か?」と疑ってしまうレベルのものも。

20120725_083311.jpg
今回の写真集で気になったのが「うなじ」の写真。
歌舞伎の女形もうなじが色っぽさを出すポイントであるように、女装もうなじがポイントということか。うん、色っぽい。

20120725_082943.jpg
ページラストに近づくと縛りの写真も。
「ナナとカオル」でしか縛りを知らない局長だが、なんだか縛り方が雑というか荒い気も。そこは雰囲気でカバーか。
しかしメイド+ベッド+荒縄はエロいなー・・・男だけどw

全体通して写真は非常に綺麗で、顔が写っていないぶん以前発売された女装写真集「Trap ~オトコの娘の罠~」よりも安心して見ていられる感じ。こっちのが安いし


「女装少年」のその他のレビューとしてはたまごまご・オブ・ザ・デッドさん『これいわゆる青山流アングルと切り取り方、接写すると、男である部分(骨格や肌)と女を超越した部分が同居するのがいいなあ。』や、カミツキさん『モチーフの魅力も、見てる人がそれにクラクラきちゃうのも、あやうい感じ。でも好き。』などなど。


【関連リンク】
青山祐企 Twitter / HP
女装少年(一迅社特設ページ)
性別を超えた煌めき写真集「女装少年」。スクールガールコンプレックスの青山裕企氏(アキバBlog)

女装少年 アニメイト / Amazon

【感想リンク】
『もうこのセカイの加速は止められない『女装少年』 - 無差別八方美人?
今日、女装少年の写真集なるものを見たんだけど - シロイカラス
青山さん面白い方向にいったなー。 - たまごまご・オブ・ザ・デッド
青山さんの新しい写真集「女装少年」が良かった。 - カミツキ
関連記事
スポンサーサイト

| コラム | 00:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/142-fd2bd99a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。