名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

一宮七夕コスプレパレード with WCS(全体編)

IMGP1985.jpg
一宮市にて7月26日から29日までの4日間で開催の一宮七夕祭りにて、世界コスプレサミットとのコラボイベント「一宮七夕コスプレパレード with WCS」が昨日29日に開催された。
前回の記事ではコスプレイヤーを中心にお伝えしたが、今回はお祭り全体の感想を商店街メインにお伝えする。


商店街を歩いていて感じたのは「告知不足」。
お店の人たちは分かっているようだけど、一般参加者は「コスプレイヤーの参加」や「コスプレパレード」にてあまり知らされていない印象。
プリキュアやゴーカイジャーの姿を見て写真を撮ったりしている姿は非常に微笑ましいのだが、「なんでいるのか」理解していないし慣れていないせいか盗撮紛いの撮り方をする人もいたらしい。不慣れゆえマナーを知らぬは仕方なし。といえばそれまでかもしれないが、もう少しコスプレに関してパンフレット・HPへの記載や告知があってもよかったんじゃないかという気がしないでもない。

気を取り直して商店街。

IMGP1970.jpg
各店が出店的な販売をしている中、店員さんがコスプレをしていたお店を発見。
こちらは今年2月に開店した「ジャンクションカフェ」。
店員さんがマリオとパイレーツオブカリビアンのコスプレでジュースやフランクフルト等を販売していた。せっかくなのでお店のHPを紹介したかったが、持っていないのか発見できず。

IMGP1984.jpg IMGP1983.jpg
真清田神社前の交差点付近にある「鉄道模型カフェ 浪漫」と、その横で9月に開店予定のコミュニティースペース「TRIANGLE」。
局長はあまり知らなかったのだが、「浪漫」は鉄道マニアには有名なお店らしい。
「TRIANGLE」は配布していたパンフレットによると『織物の歴史・文化・伝統を基軸にあらゆる業種との絆を結ぶ各種イベントをプロデュースしてまいります。」とのことで、地域振興のお手伝い的なお店(?)っぽい。この日はお店の前でスタッフと思しきコスプレイヤーがパンフレットも配布していた。
ちょっと気になるところではあるので、開店したら取材に行ってみたいところ。

IMGP2006.jpg IMGP2013.jpg
この日は商店街の一部で県内外から駆けつけたゆるキャラのふれあいイベント的なのもやっており、ざっと確認しただけで5体(人?)以上のゆるキャラが道行く子供たちと記念撮影等を行なっていた。

IMGP1969.jpg
ちなみにゆるキャラではないのだが、ネイガーなまはげも秋田県から参加。
話によれば秋田のワークショップ宣伝の一貫らしい。
撮影したのは1体だけだが、この他に桶と包丁を持った青いなまはげもいた。

IMGP1997.jpg
商店街アーケードでは定期的に色々なパレードを実施。
写真は14時から行われた「民踊大パレード」。
あまり興味のない内容ではあったが、視界いっぱいに並ぶ踊り手さんたちは圧巻の一言。
興味ないと言いつつも思わず見入ってしまった。

IMGP1999.jpg
他にも地元の企業「株式会社システムワン」が空間除菌剤「ウィルス ブロッカー」のPV撮影を行なっており、道行く人々やコスプレイヤーに声をかけて撮影していた。
局長も「何やってるんです?」と声をかけたところ逆に「出てみませんか?」と誘われたので、せっかくなので参加。
「初めて見た感想はいかがです?」というインタビュアーからの質問に「なんか頼りない感じですねw」と答え、場を瞬間的に凍りつかせる一幕も。いや、勿論フォローはしましたがw
ちなみにこのPVがどこで流れるのか迂闊にも確認し損ねたので、ひょっとすると地上波で流れる可能性も・・・・・・(ガクブル

IMGP2021.jpg IMGP2001.jpg
神社の境内はアーケード同様に七夕祭り名物の吹流しが飾られて非常に綺麗。
境内と吹流しを同時に撮ろうと試みて神社が隠れてしまったものが左の写真になりますw
また奥へ進むと各種屋台が軒を連ねており、中には昔懐かしの移動式お化け屋敷も。
ちなみに鬼太郎のコスプレイヤーさんが入っていったようで、「はいゲゲゲの鬼太郎さん一人ご案内~」とアナウンスされ周囲の笑いを誘っていた。


16時半からはこの日の(個人的)メインイベントともいえるコスプレパレードが商店街にて開催。チャンピオンシップ参加者の方々をはじめとする海外勢と一般から参加した国内勢が商店街アーケードを練り歩いた。
IMGP2027.jpg IMGP2102.jpg
まずは海外勢を先頭に行進。
気合の入った衣装と各国から選ばれた精鋭たちの艶姿に、観客達は大興奮。
時折観客の方を向きポーズを決めると、観客たちは歓声とシャッター音でそれに応えていた。
なお気ままに絶チルの記事によると一宮は丹下桜さんの出身地で有名だそうで、『これを知って先頭の方が木之本桜をしていたならすごい外国人の方です。』とのこと。

IMGP2120.jpg IMGP2153.jpg
続いて国内勢があとに続いて行進。
プリキュアや仮面ライダーの有名どころから、「ジャイアントロボ」のBF団や「ウゴウゴルーガ」のシュール君といったマニアックなものまで。
国内勢が通った瞬間「やっぱり国内だとレベルが落ちる」といった声も挙がっていたが、ビジュアルで負けてもネタでは負けてない。
特に昨日の記事でも紹介したテルマエ・ロマエのルシウスのコスプレイヤーは歩き方まで映画そのままで、まるで本当に「うっかりパレードに紛れ込んでしまったルシウス」のようであった。ほかにも「できるかな」のゴン太くんや「しろくまカフェ」のパンダくん、「もやしもん」のオリゼーなど気合の入ったネタキャラや、超男前な次元大介凄まじいまでに作り込んだ戦国無双(?)など、ガチなレイヤーさんを見ることができた。

IMGP2189.jpg IMGP2192.jpg
パレード終了後、18時からは特設ステージにて各国の代表を招いてのトークショーを開催。
まずは国ごとの紹介とともに登場し、中央でポーズ。
衣装はセントレアで披露したもの違う国と同じ国の半々ぐらい。

IMGP2193.jpg
盆踊り用の特設ステージながらも、今回のイベントを想定してか長細い独特の形。
そのため紹介が終わる頃には20カ国全ての代表が壇上に1列で並ぶという凄い光景に。
20カ国40名が一同に会する光景はまさに圧巻。

IMGP2198.jpg IMGP2201.jpg
その後一宮市商工会議所会長が挨拶と代表達へ英語で感謝の意を述べ、一宮市市長からも挨拶が。市長は「コスプレという世界は全く知らない世界で、今日初めて見て少し呆然としている。」と戸惑いを隠せない様子だった。
また会長・市長と代表とのトークセッション(質問タイム)も行われ、商工会議所会長は「衣装はどうやって作るのか」「これはどういう生地を使っているのか」と興味津々な様子で代表コスプレイヤーに質問をしていた。

IMGP2205.jpg
質問タイムのあとは市長と商工会議所会長から代表へ一宮モーニングサービスマスコットキャラ「ICHIMO」のぬいぐるみ等のプレゼントが。
全員に渡していると時間がかかるので、今回は20カ国を代表して2カ国の代表に渡していた。
名古屋・大須電波ニュースによると『この10年の開催の中、マスコミが同席する公式行事にてプレゼントのある歓待は、これまでの中で初めての大歓迎ぶり。』とのこと。

IMGP2211.jpg
19時半からはコスプレイヤーも参加しての盆踊りが予定されていたが、残念ながら参加しているコスプレイヤーは発見できず。
代表コスプレイヤーの参加も予定されていたが、名古屋・大須電波ニュースさんによると『あまりの人気振りに、予定さていた盆踊りへの参加が、警備上の都合で見合わせに。』なったとのこと。仕方ないこととはいえ盆踊りをするコスプレイヤーを見てみたかっただけに残念。


この後今週末土曜日には錦通りレッドカーペット世界コスプレチャンピオンシップが。
日曜日には大須コスプレカーニバル10周年記念アニソンライブが行われる。
コスプレイヤーもそうでない方も、是非参加してはいかがだろうか。
なお日曜日は仕事のため取材できないものの、土曜日のパレードとチャンピオンシップはガッツリ取材するので期待していただきたい。

【関連リンク】
世界コスプレサミット2012 Twitter / HP
一宮七夕コスプレパレード with WCS
一宮七夕祭り

コスプレイヤーが繊維の街を復活させる!(RBB Today)
七夕飾りの下でなりきり!熱くコスプレパレード(YOMIURI ONLINE)
大盛況「一宮七夕」で初のコスプレパレード (名古屋ナビ)
世界コスプレサミット2012 一宮七夕コスプレパレード with WCS(気ままに絶チル)
【WCS2012】各国代表、大歓迎を受ける 一宮パレード会場(名古屋・大須毒電波ニュース)
7/29 WCS2012一宮七夕パレード(邪道庵)
関連記事
スポンサーサイト

| コラム | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/148-a6628534

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>