名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

店員も驚愕の謎同人誌!?「記号のペシミズム」入荷。

20120902_220344.jpg
ランドルトたまき氏のサークル「ルート十二面体」のコミティア101新刊「記号のペシミズム」が、本日9月2日に入荷した。
「記号のペシミズム」は同サークルが以前発行したコピー誌「記号のペシミズム」と「記号のナルシズム」を1冊にまとめたもので、ジャンルは”シンボリック4コマ”。
メロンブックス特設ページでは『奇妙奇天烈☆記号ギャグ4コマ漫画』と紹介されていた。


日頃よく見かけお世話になっている記号たち、そんな彼らが4コママンガの世界に登場☆
自分たちをネタにして、テンポ良く展開される絡みとオチが思わず笑いを誘っちゃいます♪
作者本人の詳細な解説に加えて、京都大学第二詭弁論部の玉木蘭堂氏の評論も収録!
奇想天外・前代未聞の記号たちによる新感覚爆笑4コマギャグを、とくとご覧下さいませ。

――――――メロンブックス特設ページより引用

『少しでも多くの方に手にとっていただきたいとの考えから、オフセットで出すことにしました。』とブログにて語られていた本作は、「ペシミズム」と「ナルシズム」両作に収録された4コマのほか、新規収録の作品と京都大学第二詭弁論部の玉木蘭堂氏による評論を収録した大ボリュームの総集編的な1冊となっている。
局長も購入し実際に読んでみたが、文系ということもあり初見は「???」となったものの解説を一読してからもう一度読むと非常によくできた内容に納得。
一瞬理系向きかと思う内容ではあるが、作者自身が実は文系ということもあってか実は文系寄りの内容。蘊蓄好きや西尾維新が好きな人には結構ハマる内容かもしれない。


20120902_193151.jpg
メロンブックスではオリジナル同人誌新刊コーナー平台にての陳列。
特徴的な表紙と”シンボリック4コマ”というあまりないジャンルにはイケメン店員Sさんも驚いたようで、「一瞬これは同人誌なのか!?と思いましたよw」とのコメント。
ちなみに撮影許可を取りに行った際、言ってもいないのに「あ、コレですか?w」と読まれていてちょっとビックリ。でも確かにコレは気になるよなぁ・・・w


「記号のペシミズム」のレビューとしてはすいーとポテトさん『スゴ本認定していいなこれ。中でもバレンタインの8コマが神がかってる。対4コマと定形リズム(都々逸付き!)という4コマ特有のふたつの技法を高いレベルで見せつけてくれる。』など。


【関連リンク】
ルート十二面体 Twitter / HP / Pixiv
記号のペシミズム - ルート十二面体 -(メロンブックス特設ページ)
【コミティア】記号のペシミズム【こみトレ】(Pixivサンプル)
コミティア101&こみっくトレジャー20新刊(ルート十二面体Blog)

京都大学第二詭弁論部(Twitter)

【感想リンク】
《ルート十二面体》の『記号のペシミズム』はスゴ本認定していいなこれ。 - すいーとポテト
【記号たちの主張】記号のペシミズム(徒然なる一日)

  

 
関連記事
スポンサーサイト

| メロンブックス | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/179-9a8f7748

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>