名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ゾンビ娘のリョナ図鑑!?「HEAD★SHOT」入荷。

20120904_220002.jpg
ukyo_rst氏のサークル「U.M.E.Project」のコミティア101新刊「HEAD★SHOT」が9月4日よりメロンブックスで取り扱い開始となり、名古屋店でも早速販売が始まっていた。
「HEAD★SHOT」はオリジナルのゾンビ娘イラスト集で、作者によるPixivでの告知ページでは『「もう動かないゾンビ娘」を描いたモノクロイラスト集。キ●ガイ本人による気持ちの悪いポエムまがいのキャプション付き。』と紹介されていた。
なお、性的場面はないものの、内容が内容だけに一応成年指定となっている。


人間としての活動を停止したゾンビ娘達の倒し方等を解説する、リョナ系イラスト集が登場。
死してなお、成仏することを許されず愛する男に拘束される少女への無残な仕打ちを始め、
身体に傷をつけることすら躊躇する、見目麗しい貴族風ゾンビ娘さんをヘッドショット射殺!
凄惨ながらもエロティックにゾンビ娘たちの死に際が描かれる、衝撃の1冊をご堪能下さい。

――――――メロンブックス特設ページより

あとがきによると『本当は、もっと可愛らしいゾンビ娘とその娘の死を受け入れられない青年のお通夜ムードほのぼの隠れ家暮らし漫画を描くつもりでいました』だったが、描いているうち諸々の事情でこうなったとのこと。
1ページ全体をまるっと使ったイラストを6点収録なので、同人誌としてはちょっと薄目。

20120904_124423.jpg
メロンブックス名古屋店ではオリジナル成年向け同人誌コーナーの人外娘ゾーンに陳列。
イケメン店員Sさんに「一般向けR指定じゃないんです?」と聞いてみたところ、「いや~・・・でも結構エグい表現とかありますから一般向けというわけにもw」とのこと。
構成的には折本・コピー誌ぐらいだが、表紙がカラーなので見た目のインパクト大。


ここからは局長による簡易レビュー

※最初にお断りしますが、当ブログは一応全年齢向けで登録しており残虐シーン掲載でアカウント停止を食らうと色々笑えないので今回は内容の写真はありません。
そもそもページ数が少ないので中を見たいならメロンやPixivのサンプルを見ることをお勧めします。

さて、人外娘と陵辱大好きの局長大歓喜の1冊が出ました。エロシーン無いですが。
内容としてはゾンビ娘がそれぞれ拘束・捕食・射殺・粉砕・実験・感電されてるシーンを描いた本文6ページ、前書き・あとがき2ページのイラスト集。。
イラスト集とはいえ時間の都合上か本文はモノクロ。しかし「ゾンビ娘」というテーマと画風がうまいことマッチングし、仄暗い世界観を際立たせております。
これはむしろカラーで見るよりモノクロで見たい。見るべき。と思える1冊でした。
本来描く予定だったというゾンビ娘と青年のラブラブお通夜も見たかった気がしますが、締切二日前に一念発起しそれまでの原稿をゴミ箱にぶち込んでまで描いたというイラスト群は非常にグッド。『キ●ガイ本人による気持ちの悪いポエムまがいのキャプション』と作者本人が評すキャプションもいい感じに狂っていて良いスパイスとなっております。
特に射殺と実験はもうネクロフィリアここに極まりといった感じで、個人的に超お気に入り。
欲を言えばそこに至るまでの流れ(撃たれて動かなくなるまでなど)も見たかったですが、時間と価格を考えればこれでも十分と思える内容でした。

と、局長本人は絶賛しておりますが、やはりゾンビ娘のリョナ本なのでグロとか苦手な人は注意。
しかし何故ゾンビ娘ってこんなにエロいんでしょう。開いて読んだ瞬間の感想は「うわっ!グロっ!」ではなく「おおぅ・・・エロス・・・・・・」でした。
ネクロフィリアじゃないのにどういうことなの・・・・・・

あとがきにて『最高に楽しく作れた』『できれば同じコンセプトでまた新しい本を作ってみたい』とのことなので、是非ともシリーズ化していただきたいところ。



【関連リンク】
ukyo_rst Twitter / HP / Pixiv
HEAD★SHOT - U.M.E.Project -(メロンブックス特設ページ)

ゾンビとは Wikipedia / ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典

コミティア101(Pixiv)
やったーーーーー本できてる(Twitter)


  
関連記事
スポンサーサイト

| メロンブックス | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/183-e6e41669

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。