名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

珠玉の名作短編集堂々復活!「きっとすべてがうまくいく」

20120929_083403.jpg
甘詰留太氏の短編作品集「きっとすべてがうまくいく リニューアル+α版」が9月27日に発売となり、名古屋のアニメイト・メロンブックスでも早速販売が始まっていた。
「きっとすべてがうまくいく リニューアル+α版」は2006年4月に発行された同名の短編集「きっとすべてがうまくいく」を一部仕様変更したもので、今回のリニューアルにあたって描き下ろしの「ナナとカオル」が収録されている。


エッチなのに心が揺れる。
稀代のラブストーリーテラー・甘詰留太の珠玉の短編集を新装+『ナナとカオル』ショート描き下ろし入り☆ナナカオファンは絶対読んでね……エロいよ☆
――――――Amazon商品説明より

現在でも一部の書店や古本を扱う店舗で極希に見かけることのできる「きっとすべてがうまくいく」だが、やはり市場に出回る数が少ないのがはたまた劇場版公開にあわせてなのか、今回リニューアル版として発売されることとなった。
今回リニューアルにあたって表紙も表題作ヒロインが描かれたものから、登場メインキャラ総登場のものに変更されており、裏にはカオルも登場している。

<※本日の書店情報は28日時点でのものになります>
20120928_113255.jpg
メロンブックスでは新刊コミックコーナー平台での陳列。
ナナとカオル9巻は所謂「お誕生日席」での陳列だったが、こちらは同人誌側の平台に。
購入特典は特になし。

アニメイトでは新刊コミックコーナー棚と平台にての売り場展開。
こちらはナナとカオルの隣に陳列されていた。
売り場写真を撮らせていただこうと思ったが、忙しそうだったので今回は自粛。
購入特典はこちらもなし。

名古屋ではとらのあなにて「ナナとカオル9巻」と同時購入特典としてナナと館の絵柄のクリアファイルが付属する模様。


ここからは局長による簡易レビュー

いや、再販とか新装版とか基本買わないんですよ。場所とるし。
だから発売を聞いたときは「買わんよそれはww」とか思ったんですね。
でもさ・・・でもさ・・・・・・
ナナカオの描き下ろし短編があるって聞いたら・・・そんなの・・・そんなの・・・
買うしかないじゃん!!血涙
20120930_103324.jpg
と、いうことで買ってしまったので比較。旧版は確か以前ブックオフとかで購入。
サイズが大判からちょっと大きめの単行本サイズに変更になったので、若干収納が楽です。
本が増えたのには変わりありませんが。 orz

内容的差異は前述のナナとカオル書き下ろし短編が新規収録され、作者へ100の質問コーナーが挿入。
あと旧版では別冊付録として収録されていた特別編と作品解説がそのまま収録。
以前のは本誌と切り離せる仕様だったのですが、個人的に意味のないギミックというか仕様だった気がしたのでまぁこれでいいかなと。
ちなみに旧版に収録されていたあとがきはこちらでも収録されており、その後に改めてあとがきが収録されています。あとがき2倍!
旧版の表紙絵は中のカラーページで収録。サイズは小さくなりましたが全身を一気に見ることができて眼福。過去の絵なのに今と同じぐらいエロいなぁ・・・

20120929_083147.jpg 20120929_083258.jpg
学生と助教授の恋を描いた表題作「きっとすべてがうまくいく」。
かなり歳の離れた学生に迫られる助教授の小此木先生。
生まれてこの方独身生活が続いていたためにどう接すればいいのか分からない。というのがなんとも自分に重なって半端ない感情移入具合。
というか局長は所謂「オジサン好き」なので小此木先生を応援したくなりますね。
20歳も歳の離れた美人の学生に告白され、自分には不相応だと突き放しながらも気になる。そんな不器用さがもうたまらないです。
もうこれドラマでやりましょうよ!脚本甘詰留太で。

20120929_083233.jpg
そして甘詰先生の描く色黒美人って何故こんなに色っぽいというか艶っぽいんでしょう。
ダーナ人のケラと、その彼氏の友人(?)が主人公の「雨の日はカレー」。
決してハッピーエンドではない話なのですが、なんか好きですこれ。
『少年が(主に女性に)甘い夢を抱いて、挫折して、少しだけ大人になった、的な。』と、作品解説で書いているのですが、まさにそんなお話。
唯一番外編が存在しない話なんですが、この話はこれが全てかなと。
ケラのその後とか3年後のジョナサンとか気になるといえば気になるんですが、それを描いたらたぶん蛇足なんだろうなぁ・・・と。
難産だったというだけあり、短編ながらも読み応えのあるお話となってます。

全体通して古さを感じさせない名作ぞろい。
裏表紙に書かれた「珠玉の短編集」の言葉は看板に偽りなしでした。


【関連リンク】
甘詰留太(HP)
きっとすべてがうまくいく リニューアル+α版 アニメイト / メロンブックス / とらのあな
甘詰留太「きっとすべてがうまくいく」新装版にナナカオも(コミックナタリー)

【感想リンク】
描き下ろしのナナカオ短編が面白すぎるwww - 鳴瀬@近藤
さっきから「きっとすべてがうまくいく」の話ばっかしてるけど本当に好き。 - 藤本薪
エロマンガというより、ストーリーがしっかりした青年誌のマンガという感じでした。(旧版)
こんなところにおじさん萌え作品があったなんて…!(旧版)

甘詰留太短編集―きっとすべてがうまくいく(読書メーター)
リニューアル+α版 甘詰留太短編集 きっとすべてがうまくいく(読書メーター)


  
関連記事
スポンサーサイト

| コミック | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/205-57f3daa9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。