名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

気怠い二人のイチャラブ本、「ピロートーク」。

20121018_110853.jpg
恵屋氏のサークル「なんとか生きてます。」の紅楼夢8新刊「ピロートーク」が10月13日にメロンブックス名古屋店に入荷していた。
「ピロートーク」は東方プロジェクトの十六夜咲夜×アリス・マーガトロイド本で、メロンブックス特設ページでは『アリス×咲夜さん百合ストーリー漫画』と紹介されていた。


アリス&咲夜さんがベッドの上であま~い睦言を囁き合う、百合ラブストーリーマンガです!
ハダカのままで毛布に包まり、アリスの手を握りながら自分の能力について語る咲夜さん。
穏やかな笑顔を浮かばせ、彼女がどんな言葉で口説いてくれるのかを期待しちゃいます☆
ピロートークを交えた二人の甘美なやりとりに悶絶必至♪珠玉の1冊をどうぞお見逃しなく。
――――――メロンブックス特設ページより


20121017_194444.jpg 20121017_194553.jpg
メロンブックスでは新刊東方同人誌コーナーに陳列。
見本誌に店員さん手書きのPOPが貼ってあったほか、ミニポスターも掲示されていた。
また、商品横には同サークルの既刊が同時に陳列されておりついつい手が伸びそうに。


ここからは局長による簡易レビュー

個人的には咲アリもいいけど、幽香とアリスの幽アリを推したい局長。
とはいえ実は萌えれば良しな雑食なんでふらりと購入。
ピロートークという題材と表紙の二人が醸し出す気怠い雰囲気がいいですね。

20121018_111009.jpg
金髪ってモノクロにすると白く見える上に事後なため、パッと見ではなんだか見分けがつかない二人。描き分けができてないというより、そもそも似てますからね。
こうして見ると実は生き別れの双子なんじゃないかという脳内妄想が広がります。
金髪のアリスに銀髪の咲夜。ショートカットに似たような背格好。
姉妹設定とかどうですよ?(何

20121018_111112.jpg
失礼。完っ全に横道に逸れましたね。
「ピロートーク」という題材なので全体的に事後の会話がメイン。
抱き合ったりキスしたりはあってもヤってるシーンは無し。
それでもなんだか全体的に漂う雰囲気がなんともエロくないエロスを醸し出してます。
裸Yに裸でハグとか反則でしょう!尻揉まずにいられいでか!!

20121018_111135.jpg
そして時折挟まれるコミカルな絵柄もいいアクセントになってますね。
全編がシリアス系の絵柄ではストーリーが良くともなんとなく飽きることがあるので、絵柄の緩急のバランスが非常に素晴らしいと思います。プンスカ怒るアリス可愛いwwwwww
幽アリ推しの局長もつい咲アリに目覚めそうになる。そんな1冊でありました。


「ピロートーク」のその他のレビューとしては槐あおりあさん『触りたがる二人がもうイチャイチャラブラブでたまりませんでした!恵屋さんの咲アリは本当に最高です♪』や、こじろーさん『あまりに2人がラブラブすぎて読み終えて気を静めてまた読み直すのを繰り返しております。眠る前に読むと幸せな夢が見られそうです。』などなど。

【関連リンク】
恵屋 Twitter / HP / Pixiv
ピロートーク(Pixivサンプル)
ピロートーク(メロンブックス特設)

十六夜咲夜とは ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典
アリス・マーガトロイドとは ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典
咲アリとは ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典

【感想リンク】
恵屋さんの新刊読みました~ - 槐あおりあ
恵屋様の新刊読ませて頂きました! - こじろー
ドストライクな内容で一人で悶えてましたw - レイセン@お付きの者
相変わらず恵屋さんの咲アリ本が面白いな - 178


  
関連記事
スポンサーサイト

| メロンブックス | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/216-f3f449e7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。