名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「げんしけん」二代目の四発売。波戸ぉ!斑目えぇぇぇぇ!!

20121221_232910.jpg
木尾士目氏のコミック単行本「げんしけん」二代目の四(13巻)が12月21日に発売となり、名古屋のアニメイト・メロンブックスでも早速販売が始まっていた。
「げんしけん」は2002年から2006年にかけて講談社アフタヌーンにて連載された漫画で、現在は第二期といえる「二代目」シリーズが同誌にて連載中。今巻は『学園祭へ、ようこそ!!』と帯にあるように、椎応大学学祭がメインとなっている。


すっかり現視研に定着したオトコの娘・波戸賢二郎。自身の容姿にコンプレックスを持つ矢島、あっけらかんとしつつも考えが読めない吉武とともに、新入生トリオで大学生活を満喫する。そして、学園祭の季節がやってきた。矢島や吉武の友人達が訪れる中、波戸の高校時代を知る重要な人物も現れて……。ドタバタの中、斑目さんにも重大な転機がやってくる! 既刊と同様、描き下ろしの4コマ漫画など、おまけページも大量に収録!!
――――――アフタヌーン作品紹介ページより

「げんしけん」は2002年から2006年にかけて講談社アフタヌーンにて連載された漫画で、連載終了後2010年より「二代目」として連載が再開した。今回発売の13巻では椎応大学学祭を舞台に波戸君の過去と班目の恋模様が描かれる。

【店内激混みのため写真自重】
アニメイトでは新刊コミックコーナー平台にての陳列。
結構売れているのか仕入れが少ないのかそれとも梱包が追いついていないだけか、発売日夜に見たところでは店頭在庫がだいぶ少なくなっていた感じ。
購入特典は特になし。

20121221_193355.jpg
メロンブックスでは新刊コミックコーナー平台にての陳列。
こちらは簡単ながらもタワー積みがされていた。
購入特典はこちらも特になし。


ここからは局長による簡易レビュー

<前回のあらすじ>
荻上「学祭で会誌を発行しましょう。」
ということで会誌に掲載の漫画を描くべく「女装しないと上手く描けない。女装するとBLを描いてしまう。」という困った体質の波戸君と組むことになった荻上。果たして会誌は無事発行されるのか・・・?

20121221_233139.jpg 20121221_233102.jpg
微妙に間違ってる気がしますがそんな感じの前巻。
学祭が主な舞台の今巻は表紙も学祭。珍しく(元)漫研のヤブとにゃーこが登場しているだけでなく、裏表紙は笹原(妹)ですよ。しかもカバーをめくると・・・・・・w
しかしにゃーこ可愛いなぁwwwヤブの横に置いとくには勿体無いからこっち来いよ!w
それはそれとして、今まで気になっていた波戸君の過去を知ることができてなんだか眼福(?)だわ。いや、なんというか個人的に波戸君大好きなんですよ。故になんか嬉しいというかなんというか。分かれ(ぉぃ
それにしてもなんというか波戸君ってチート性能だよなぁ・・・・・・引っ込み思案な部分が無くなればどこ行っても生きてけるんじゃないかこいつ(汗

20121221_233233.jpg 20121221_233335.jpg
そして噂で聞いて超気になっていた斑目先輩の恋模様。
地味に斑目先輩って持てるというか好かれるんだよね。そして本人はそれを自覚してないと。いや、先輩のことだから目を背けてるだけなのかもしれないけど。
でもなんだかんだ言ってみんな斑目先輩のこと好きなんだよね。だから咲(さ)っちゃんへの想いに縛られたままで進めない斑目先輩の背中をつついて前へ進めることができるようにしてる。よくある「恋しろよwww」っていう興味本位の押し付けじゃなく、お節介だろうとは薄々感づいてはいるだろうけど好意で応援してる。だから咲っちゃんの彼氏の高坂もそれを察して先輩と咲っちゃんを二人きりにするのに協力してる。誰もなにも伝えていないだろうに。
純粋に羨ましいしなんていうか心がぎゅーっとするよ!
そして斑目先輩と咲っちゃんが遂にサシで語り合う・・・・!!というところで次巻に続く。まじかぁぁぁぁぁぁぁ!!( ;゚皿゚)ノシΣバンバン!!
次巻は来年夏頃発売とか生殺しにも程があるよもう・・・・・・いや、なんとなく結末は知ってるけど!知ってるけど!!

いやー。げんしけんメンバーの斑目先輩へのラヴと次巻への期待がたまらない1冊でありました。マジ夏が待ち遠しいわ!!
ヾ(:3ノシヾ)ノシ


「げんしけん」二代目の四(13巻)のその他のレビューとしては梨丸さん『これはすごい。悶える。「逃げて逃げて逃げ続けた男・斑目」ってコピーがさらにやばい。あとスーの愛らしいことといったら…』や、コウさん『あーげんしけん面白過ぎた。波戸君の人間関係とか後半の斑目さんとか盛り沢山過ぎだろ・・』などなど。

【関連リンク】
木尾士目(Wikipedia)
講談社 / アフタヌーン / げんしけん

げんしけん 二代目の四 13 アニメイト / メロンブックス
「げんしけん 二代目の四」13巻は本日、一部で特典配布中(コミックナタリー)

げんしけんとは Wikipedia / ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典

【感想リンク】
BLとか、モテキとか、とにかく波乱満載の学祭が始まる!?(何かよくわからん気まぐれBlog)
げんしけん13巻よんだ。これはすごい。悶える。 - 梨丸
あーげんしけん面白過ぎた。 - コウ
斑目にモテ期が来てた。 - kappa
げんしけん二代目面白過ぎて本当に辛い なんじゃこれ… - じねんじょ
げんしけん13巻読みオワタ。 - DBあにき
げんしけん第13巻を読んだ。 - S-DIY
げんしけん 二代目の四(13)(読書メーター)


  
関連記事
スポンサーサイト

| コミック | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/263-aa1e85bc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。