名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

抗いつつも蕩け堕ちてゆくキュアビューティー痴漢本。「悶氷」入荷。

20130122_102823.jpg
アイヌマニア氏のサークル「暗黒暴走組」の冬コミ新刊「悶氷」が21日にメロンブックス名古屋店に入荷していた。
「悶氷」はメロンブックス特設ページによると『スマプリ・れいか輪姦エロ漫画』で、戦闘後の疲弊した状態で通勤電車内に取り残されたキュアビューティーが犯される痴漢モノ。前書きによると『以前出したプレ漫画の加筆修正・完成版』とのこと。


退避し損なってプリキュア姿のままで電車に取り残されたれいかが、男達に襲われます!
キスを奪われながらスパッツ越しに全身を愛撫され、戦闘でバテた彼女は為すがままに♪
連結部へ連れ込まれてスマタや生ハメで輪姦にヨガリ狂う、れいかの痴態が堪りません☆
無理矢理なエッチの快感に悶えまくる美少女に大興奮、極上の1冊をどうぞお見逃しなく。

――――――メロンブックス特設ページより

「悶氷」は前書きによると『初期設定の・・・「必殺技を使ったらバテる」という設定。地味に良かったのにな・・・(寂』ということで、キュアビューティーが必殺技を使って疲弊した状態のまま痴漢電車に取り残されたら・・・という内容になっている。なお同士は前書きにて『一年間、楽しいネタ提供をしてくださったスマプリ(特にビューティーね)に対して、そのリスペクトで作られた集大成が【痴漢風エロ漫画】だなんて・・・w』と語っていた。ちなみに表紙は制服姿だが、制服姿での痴漢シーンはほとんどないので購入の際は注意。

20130121_193934.jpg
メロンブックスでは店内入口から向かって左奥の成年向け新刊同人誌コーナー棚にての陳列。この日はPOPやポスターなどは特に見当たらず。
なおイケメン店員のSさんによると「この時期は新刊だらけなので陳列場所は随時変わるかもしれません」とのこと。



ここからは局長による簡易レビュー

ごめんなさい。最近スマプリ見れてないです(ぇー
それはそうと清楚系お嬢様の痴漢モノって良くないですか? (´◉◞౪◟◉)
特にそれが自分のイチオシのキャラで更に好きな作家さんだったら・・・・・・
そんな理由で購入ですごめんなさいw

20130122_102900.jpg 20130122_103655.jpg
個人的にも「必殺技使ったらバテる」ってヒロ(イン)ピン(チ)ものの良い入口というか設定だと思うんで、最初にキュアハッピーが必殺技使ってヘロヘロになってた時はおおっ!と思ったもんなんですが、最近はそうじゃないみたいですね。慣れたというか鍛えられた?
そんなわけでちょいガッカリしたんですが、あくまで「初期設定」で描いてくださったアイヌマニアさんGJ!超GJ!凛々しいヒロインが「抵抗したくてもできない」状況ってそそりますよね。

20130122_103758.jpg 20130122_103832.jpg
そしてジョーカー等の策略抜きに純粋に痴漢の手によって開花していくキュアビューティー。
羞恥に震えながらもだんだん快楽に染まって堕ちていく表情の描き方がまさに絶妙で、ラストの表情にはもうゾクリとさせられますね。
痴漢モノだとすぐに剥いてしまう作品が多い中、最後の方まで半脱ぎ留まりで犯されてるのも良いですね。あくまで個人的嗜好ですが、痴漢モノは全裸よりも着衣陵辱であるべきだと思います!まぁ最終的には全裸状態でしたがw

20130122_103850.jpg
全体的なページ数としては15ページ以下と若干少なめですが、その分勢いのある痴漢凌辱で堕ちていくビューティーは見ていて非常に興奮させられますね。ただ欲を言うとやはり駆け足感というか端折り感があるので、もっとページ数を増やしてじっくりねっとり犯され堕ちる様を見たかったなーという気も。
とはいえ価格もそれほど高くないですし、「変身後の姿」で「痴漢モノ」というあまりない組み合わせのシチュエーションなので個人的にはオススメ。特にキュアビューティーが好きだ!という方には是非オススメしたい。そんな1冊でありました。

【関連リンク】
悶氷(メロンブックス)

スマイルプリキュアとは Wikipedia / ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典
キュアビューティー(青木れいか)とは ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典

キラキラハッピー!コモックプ●キュア合わせ開催!!(名古屋オタ情報局)
一宮七夕コスプレパレード with WCS(全体編)(名古屋オタ情報局)
「スマイルプリキュア(30)」入荷。もうお前ら早く結婚しちまえ!!(名古屋オタ情報局)


  
関連記事
スポンサーサイト

| メロンブックス | 10:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/298-240f2f89

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>