名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

熱い魔女っ娘温泉漫画。「桃源郷へようこそ!」第1巻発売。

20130220_102553.jpg
イダタツヒコ氏と水谷麻志氏のコミック単行本「桃源郷へようこそ!」第1巻が19日に発売となり、名古屋のアニメイト・メロンブックスでも早速販売が始まっていた。
「桃源郷へようこそ!」はコミックナタリーによると『温泉を舞台にした魔女っ子アクション』で、帯の謳い文句は『美女も野郎も人外も 魔女っ娘仲居が働く老舗旅館へようこそ!!!』。


極東魔術学院に通う魔女っ娘女子高生・キサラは、老舗旅館「風雲閣」で職業研修として仲居の仕事をすることに。一見フツーの旅館だが、じつは極東随一の魔術拠点である風雲閣。そこの女将を務めるのは、かつて悪名を欲しいままにした大魔女・七海暁乃(ななみあけの)。キサラの“野望”は、そんな暁乃を倒して世界を制覇すること!!……なのだが!?
某古武術系道場の跡取り娘・アサギを始めとする、個性豊かな旅館の人々とキサラが繰り広げる、魔女っ娘仲居の非日常的な日常が幕を開ける――!!

――――――小学館作品詳細ページより

「桃源郷へようこそ!」は「XBLADE十」「星屑番外地」のイダタツヒコ氏が原作、「銀の匙」「鋼の錬金術」で有名な荒川弘氏のチーフアシスタントも務める水谷麻志氏が作画で送る魔女っ娘アクション漫画で、連載開始の時点では「短期集中連載」とのことだったが人気のために通常の連載に移行し現在もサンデーGXにて連載中。
今回の単行本発売に際しイダタツヒコ氏はブログにて『漫画を描いていただいている水谷麻志さんは、これが初単行本になります。…責任を感じますね…そして自分も少々初々しい気持ちになります。』『読み切り予定から短期連載、延長、カラー、コミックス、と、ようやくここまでやって来ました。感無量です。』と語っていた。

アニメイト名古屋店では新刊コミックコーナー平台にての陳列。
購入特典としてメッセージペーパーが付属。

メロンブックス名古屋店では新刊コミックコーナー平台にての陳列。
こちらは購入特典などは特になし。


ここからは局長による簡易レビュー

実を言うと買う気はなかったんですよ。
メロブで試し読み読んだらクソ面白くて買っちゃいましたさ!

20130220_102729.jpg 20130220_102912.jpg
温泉を舞台にした魔女っ娘青春モノかなーとか思ってペラペラ読んでみたら、魔力で鼻血!?古武術道場の跡取り娘!?魔女っ娘っていうか魔法使い!?何この熱血な漫画!!ということでハート鷲掴みされました。
キャラも女魔法使いに武闘家に武侠も混ざったりとバラエティー豊かに富みつつ、温泉舞台の漫画にありがちなお色気漫画ではないドタバタで熱血な主人公が楽しいです。

20130220_102849.jpg 20130220_103104.jpg
漫画では割と珍しい気のする武闘派というか脳筋魔法使いな主人公。まだまだ未熟ながらもスキルは結構高い感じで、化けネズミとの戦いではアサギちゃんの協力を得つつも見事撃破。これからの成長がなんだか楽しみになります。
また、先輩魔法使い達が宿泊の際には馬鹿にされたことも手伝って、クビ覚悟で腕試しに乗り込んでいってフルボッコにされたりするんですが、それでも心折れることなく一層の精進を決意とか熱い!熱いよ!!いや、仲居が何やってんだって気もしますがw

20130220_103024.jpg 20130220_103235.jpg
その他にも引きこもりな土地神の子供や、武侠のお兄さん、大女将など魅力的なキャラたちに、魔法ありバトルあり青春ありと、読む者を飽きさせない熱いストーリー展開。
老舗旅館を舞台にしつつも斬新でミステリアスな設定が程良い湯加減でミックスされた、久々に肩の力を抜いて楽しめる熱血青春アクションファンタジー的な1冊でありました。


【関連リンク】
イダタツヒコ HP / Blog
小学館 / サンデーGX / 桃源郷へようこそ!

桃源郷へようこそ!第1巻(アニメイト)

桃源郷へようこそ!(原作者ブログ)
コミックス出ます(原作者ブログ)

イダタツヒコ&水谷麻志、GXで温泉舞台の魔女っ子もの(コミックナタリー)

【感想リンク】
人を選ぶので薦め難いが、チェックする価値はある - らじ
コミックスとしてまとめて読んだらやっぱり面白いわ(読書メーター)


  
関連記事
スポンサーサイト

| コミック | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/335-69ad561b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。