名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「TWINS!」発売。双子花嫁にロリOLとか俺得!!

20130305_234611.jpg
チャーリーにしなか氏のコミック単行本「TWINS!」が3月5日に発売となり、名古屋のアニメイト・メロンブックスでも早速販売が始まっていた。
「TWINS!」は少年画報社のコミック雑誌「ヤングコミック」ほかで発表した短・中編を収録した単行本で、単行本帯の『ツーマンセルに特化した最新傑作短編集!!ツンからデレまでまとめてお相手いたします♥』という謳い文句どおり収録作品は主に「双子」「二人組」をテーマにした作品がほとんど。


日本における「重婚」第1号となった日比野一家。
美人姉妹を嫁に迎えた勇介を巡って「第1夫人」の座をかけた新妻姉妹の対決がここに!?
チャーリーにしなか6年ぶりの完全新作!

――――――少年画報社コミックス情報ページより

「TWINS!」はツーマンセルをテーマにした作品が収録された短・中編集で、チャーリーにしなか氏の6年ぶりの新刊コミック。現在アクションピザッツにて連載中の「Cheers!」以外では久しぶりの新刊らしく、希有馬氏によると『チャーリー先生って商業出してたの!? ってレベル。ひさしブリー』とのこと。

アニメイト名古屋店では青年向け新刊コミックコーナーにての陳列。
購入特典としてカラーのメッセージペーパーが付属。

20130305_192208.jpg
メロンブックス名古屋店では新刊コミックコーナーにての陳列。
購入特典やPOPは特になかったが、店長さんがファンなのか反応していたのが印象的。


ここからは局長による簡易レビュー

表紙のウェディングな双子にラブズッキュンでした。
今回は趣向を変えて作品ごとに感想を。

「ツイン ハネムーン」
20130305_234655.jpg 20130305_234825.jpg
法改正で双子と結婚した男の話。と見せかけた妻である姉妹の話。
仲が悪いわけではなく、明るく旦那を取り合う姿が非常に微笑ましい。
個人的にはお姉さんの性格・容姿・ウェディングドレスがどツボで、ちょっと主人公そこ代われ!と叫びたくなりました。いやー・・・嫁が欲しくなりますなw

「螺旋シリーズ」

20130305_234901.jpg 20130305_235114.jpg
二人組で行動することを義務付けられた館で働くメイドのお話。
百合(というよりレズ)モノとはいえコミックメガストアで掲載されただけあってエロシーンは若干過激。あれ?コレって一般向けでしたよね?w
一応一般向けのため消しが大きめになってるものの、激し目のプレイと表情描写で全体的なエロ度は高めな感じ。
その一方で「館」等に関する説明描写が少なく、作中の場所がどういうところで何故ここで働いているのか等が分からないのはどうかと思ったり。
あとどうせなら消しを小さくしてエロ漫画として読みたいw

「TWINS!」
20130305_235137.jpg 20130305_235212.jpg
街の過激な自警団所属の双子とその彼氏になってしまった主人公の話。
外見は結構似てても性格が正反対というのが双子らしくていいですね。
作品解説でも書いてますがアクションシーンが少なめで自警団的な部分を描ききれてないのは多少残念。とはいえ双子が可愛いのでアリかと。

「A Little」
20130305_235305.jpg 20130305_235344.jpg
ロリOLとガッチリ部下リーマンのお話。
ヒャッハーーー!!ロリババァ(゚∀゚)キタコレ!!(※ババァじゃないです
作品解説で「こういう相反する組み合わせは描いていて面白い」とあるためか読んでいて非常に楽しい作品となってます。いいですねこういう組み合わせ。
こういう凛々しいけど酔うとエロい上司がいたら仕事を100倍頑張れそうです!どこ就職すればこんな上司と出会えますか!?(ガタガタ

20130305_235443.jpg 20130305_235511.jpg
全体的にラブラブエロエロで肩の力を抜いて楽しめるものばかりですが、個人的にお気に入りは「A Little」。次点で「ツイン ハネムーン」ですね。どストライク責められすぎてチェンジ要員が尽きましたwww
帯にも書いてありますがカラーページが完全収録されているのも高ポイント。特に「ツインハネムーン」の美麗カラーは必見。どれもオススメな傑作!というわけではありませんが、個人的には当たりが多めでラブエロor百合エロが好きな方にはオススメな1冊でありました。


【関連リンク】
チャーリーにしなか Twitter / Pixiv / Wikipedia
少年画報社 / TWINS!

ツーマンセルに特化した最新傑作短編集(えろ☆でい)


  
関連記事
スポンサーサイト

| コミック | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/348-dffaf7d7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。