名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

本にまつわる東方新シリーズ。「東方鈴奈庵」第1巻発売。

20130323_091006.jpg
ZUN氏と春河もえ氏によるコミック単行本「東方鈴奈庵 ~Forbidden Scrollery.」第1巻が3月22日に発売となり、名古屋のアニメイト・メロンブックスでも早速販売が始まっていた。
「東方鈴奈庵」は角川書店のコミック雑誌「月刊コンプエース」にて連載中の漫画で、ピクシブ百科事典によると『ZUNが原作を担当する東方Projectの公式漫画作品としては4タイトル目』。コミックス帯の謳い文句は『外来本、稀覯本そして妖魔本各種取り揃えております』となっていた。


不思議な貸本屋の娘・本居小鈴が、妖怪を呼び覚まして巻き起こす珍騒動!
博麗霊夢や霧雨魔理沙、稗田阿求なども登場して、幻想郷は今日も大騒ぎ!

――――――角川書店作品詳細ページより

「東方鈴奈庵」は月刊コンプエースにて昨年12月号より連載が開始された「東方project」オフィシャルコミック最新シリーズで、原作を東方projectの作者でもあるZUN氏が。作画を現役大学生で今作がデビュー作となる春河もえ氏が担当している。

アニメイト名古屋店では新刊大判コミックコーナーにての陳列。
購入特典として第1話扉絵のポストカードが付属。

20130322_191014.jpg 20130322_191023.jpg
メロンブックスでは棚一つを使用した特設コーナーを作っての陳列。
棚上部には博麗神社を模した鳥居と賽銭箱などが。
購入特典として和紙製のブックカバーが付属。絵柄は描き下ろしの模様。


ここからは局長による簡易レビュー

20130323_091140.jpg 20130323_091126.jpg
儚月抄・茨歌仙などに続くオフィシャルコミック最新刊。新キャラにしてオリジナルキャラの小鈴ちゃんを引っさげての登場です。
始まる前というか雑誌連載版を一切読んでいなかったんで、どんな絵でどんな話になるのか正直不安もあったりしましたが読んで安心。何この娘(※小鈴)可愛いじゃないの!
絵もデフォルメの強い所謂萌え絵とも違った独特な雰囲気で非常に好みです。よくよく見ると東方キャラがあちこちに潜んでいるのもファン心をくすぐりますね。

20130323_091215.jpg 20130323_091235.jpg
東方の世界観的に珍しい公式の眼鏡キャラ。常に眼鏡ではなく読書時のみというのがなんかこう・・・イイですね。
貸本屋店主ということもあってあまり派手に動くということはないですが、無自覚ながらも事件の元凶だったり裏でコソコソ暗躍してたりとちょっとトラブルメーカーで黒い一面も。
それに振り回される霊夢と魔理沙がなんだか見てて気の毒ながらも面白いですwww

20130323_091351.jpg 20130323_091440.jpg
今回収録されている全5話中4話が前後編モノなので、収録話数は実質3話とちょっと物足りない感。とはいえジャンル的にはミステリーコメディな感じで非常に面白く、内容もZUN節の聞いたストーリーで読み応えはなかなか。
現状で出てくるキャラは霊夢・魔理沙・小鈴がメインでその他はちょい役ですが、4・5話にて結構な存在感を示したマミゾウのように今後たくさんのキャラが鈴奈庵を盛り上げてくれる予感がして楽しみな1冊でありました。


【関連リンク】
ZUN Twitter / HP / Blog
角川書店 / 月刊コンプエース / 東方鈴奈庵 ~Forbidden Scrollery.

東方鈴奈庵 ~Forbidden Scrollery. 第1巻 アニメイト / メロンブックス

東方鈴奈庵とは Wikipedia / ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典
春河もえとは(Wikipedia)
東方鈴奈庵(東方元ネタWiki)

鈴奈庵の単行本が無事届きましたー。 - 博麗神主(ZUN)
ところで春河もえって誰?(東方@ふたば観測所)
東方Wiki


【感想リンク】
東方知らないって人でも楽しめる素敵な漫画でした - ミツ
マミゾウさんまたもや補正かかってて可愛くなってるしw - COS
萌絵版げげげの鬼太郎みたいな作品だった。 - MTMY
かけねなしにマミゾウさん巻(読書メーター)
ミステリ風な展開と妖しくもポップな作風が気に入りました。(読書メーター)

東方鈴奈庵(1)(読書メーター)


  
関連記事
スポンサーサイト

| コミック | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/361-746658f4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>