名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

追いかけていたのは夢か彼女か?「おいかけていたのは、」発売開始

IMGP0394.jpg
麻岡楓氏のサークル「azure」のTHE VOC@LOiD 超 M@STER 20新刊「追いかけていたのは、」が28日発売となり、メロンブックス名古屋店でもさっそく並んでいた。
見本誌に貼られたPOPには「オーディションに行けば、上手いと言われるものの”ただ上手いだけ"とオーディションは落ちるばかり・・・。そんなルカはミクと一緒にカラオケに行って歌っていると、ミクに気付かされた大切なコト。それはとても単純だけど大切な物」との謳い文句。


メロンブックス特設ページによると「歌手のオーディションにて、審査員にただ歌が上手いだけとの評価を言い渡されるルカ。会場の外で笑顔で迎えるミクに結果を伝えると、気遣う彼女にカラオケへと誘われます☆そして彼女とカラオケを楽しむルカは、ミクの一言で今まで忘れていた何かを思い出し?歌手になるため努力を続けるルカと側で見守るミクの、心温まる物語をお楽しみ下さい。」とのこと。
麻岡楓氏の同人誌は儚いタッチが特徴で、ミクとルカのイチャイチャハートフルストーリーがメイン。既に10冊程が(総集編含む)発行されているが、ミクとルカが出ている以外各話に繋がりは無い(時には各話で性格も違う)のでどこからでも読める。

IMGP0404.jpg
今回は4ページほどのカラーページあり。ミクとルカの日常をサイレント風に描く。

IMGP0405.jpg
オーディションに落ちた気晴らしにミクをカラオケに誘うルカ。
採点機能で思うような点数が出ずぐぬぬなミク。
すいませんその間に僕を座らせてください
何気ない会話シーンだがタッチと相まってとてもほのぼのとした雰囲気が非常にいい。

IMGP0407.jpg
努力と結果が繋がらず苦しむルカを見かねたミクは突拍子もない行動に出る。
二人とも知らない曲をデュエットという突然の無茶に戸惑うルカだが、それがきっかけとなり「自分の歌」を取り戻す。
楓氏の描く笑顔は本当に温かく、読んでいるこちらにも笑顔が伝染る。

「努力」と「結果」は必ずしも結びつくものではない。
それでも自分を殺してまで出した「歌」は「音楽」として評価とされても「歌」として評価されない。
しかしそれにはなかなか自分で気付けずどんどんドツボにはまっていく・・・
日常でも結構ありがちなストーリーであるだけについつい感情移入。
なんとなくアイマス(アニメ版)の春香と千早を思い出したのは自分だけだろうか。
作者である楓氏のPixivページでは「Cinderellaの過去っぽい話ですが単品でも読めるかと思います。いつも通り仲良しネギトロです。おまけ程度にカラーページもあるよ!」と紹介されていた。

IMGP0392.jpg
現在店頭では総集編である「恋奏」と並べて陳列されていた。
「追いかけていたのは、」でドキューンとキた貴方は「恋奏」も併せて是非購入していただきたい。


【関連リンク】
麻岡(Pixivページ)
「追いかけていたのは、」メロンブックス特設サイト
関連記事
スポンサーサイト

| メロンブックス | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/39-88b050bc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>