名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

COSSAN&コスサミ中部予選開催。会場熱狂大盛況!?

DSCF3552.jpg
5月17日に愛知県刈谷市あいおいホールにてCOSSANが開催された。
COSSANは株式会社ミネルバによるコスプレイベントで、今回は夏に開催される「世界コスプレサミット」の中部予選も同時開催された。
当ブログではCOSSAN参加のコスプレイヤーさんの写真をメインに紹介する。


今回のCOSSANは愛知県刈谷市あいおいホールを借り切って開催され、名古屋からのアクセスも比較的楽で参加費も1,000円と非常にお手軽感のあるイベント。


DSCF3559.jpg DSCF3560.jpg
局長が見回ったところでは1階のホール部分(メイン会場?)に垂れ幕を使用したミニ撮影ブースが12。
それぞれ小物などが用意されており雰囲気のある写真を撮ることが出来るようになっていた。

DSCF3537.jpg
また2階の吹き抜け部分やテラス部分も雰囲気たっぷりだが、空調設備が切ってあるのかテラスが日当たり最高すぎて扱ったのが微妙に難点。

そんなのを踏まえつつ(?)コスプレイヤーさん写真紹介。

ブログ掲載にあたり、各レイヤーさんへは許可を頂いております。
相変わらずの拙い撮影スキルと編集によって、レイヤーさんによっては魅力を半分も引き出すどころか半減させてしまっており本当に申し訳ありません。
本記事掲載の写真は被写体となっているレイヤーさん以外の方のダウンロード・転載・二次配布を禁止させて頂きます。なお、撮影させていただいたコスプレイヤーさんは局長へメールをいただければブログ未掲載分も含めた無修正原寸サイズの写真をまとめたダウンロードアドレスをお送りしますが、その際本人証明として御手数ですがコスネームと名刺裏の認証ナンバーをご記入ください。


DSCF3608.jpg DSCF3610.jpg
南ことり(禅)

DSCF3631.jpg DSCF3627.jpg
【左】アレク・サカモト(紗) / 植草 累(SUI)
【右】黒鳶(ヒロト)

DSCF3547.jpg DSCF3625.jpg
【左】ミカサ・アッカーマン(凉)
【右】ふなっしー(つらら)

DSCF3543.jpg DSCF3538.jpg
寿 嶺二(紫水 寧々)

DSCF3522.jpg DSCF3525.jpg
メイコ ver.千本桜(葵) / ルカ ver.千本桜(みー)

DSCF3531.jpg DSCF3557.jpg
【左】オリジナル男子学生(東郷誉) / オリジナル女子学生(みつはら朔乃)
【右】土御門元春(小池さん)

DSCF3648.jpg DSCF3653.jpg
東條 希(おかくら風花)


今回は13名のコスプレイヤーさんにご協力いただきました。
ありがとうございました。

14時からは世界コスプレサミットの中部予選が開催。
「Seeker」「大連立」「BarN!」の3チームがそれぞれコスプレでの演技を披露した。

DSCF3578.jpg
「Seeker」はドラゴンボールZのコスプレによる演舞を披露。
アクション重視で衣装があっさりめだが、非常にバランスが良く「一般ウケ」しそうという印象。
実際中部予選で優勝し次の決勝戦にコマを進めることとなったのもこのチーム。
ただ本戦ではジャンプ系の作品は不可なため、その辺どうするつもりなのか気になるところ。

DSCF3514.jpg
「大連立」は仮面ライダーディケイドと鎧武による寸劇とダンスを組み合わせた演技を披露。
可愛いダンスと風刺が効いたネタは非常にコメントが困るものの、会場の観覧者には好評だった様子。
個人的にこういうネタは好きですが、なんというか大人向けだなぁ・・・とw
あと着ぐるみって本当に「可愛く動く」のが大変なのだが、そんな苦労を微塵も感じさせないコミカルで機敏な動きはさすが。
無冠の敗退という残念な結果ではあったものの、来年も是非出場して楽しませて欲しい。
そんな感想を抱く演技であった。

DSCF3520.jpg
「BarN!」はローゼンメイデンの真紅と雪華綺晶による原作再現の「演技」を披露。
派手なアクションやダンスより演技力と衣装にステータスを振り切った印象。
原作を読んでいないとこういう系統の演技は評価が難しいが、衣装もウィッグも本当にレベルが高く実際ウィッグ賞を受賞していた。
ただやはり「コスサミ」の演技としては「地味」という印象が拭えないのが残念。

DSCF3617_2014052123331435c.jpg
最後は出演チーム・審査員全員で記念写真。
今回の中部予選はコスプレイベント会場での開催にもかかわらず観客席が全て埋まり、最終的には立ち見まで出るという盛況っぷり。
観客もコスプレイヤーやカメコ(カメラマン)だけでなく一般の家族連れもいたりと、結構幅広く集まっていた。
今後は6月29日に東京タワー麓のスターライズタワーにて行われる日本決勝戦にて日本代表が決定する。


【関連リンク】
- 編集中 -

  
関連記事
スポンサーサイト

| コラム | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/406-de694970

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。