名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

【期間限定連載コラム】駄チワワのキグルミから観た風景 第2回

DSCF3514_20140615204401bd4.jpg
どうやって決まる?世界コスプレサミット日本代表.2

 ここから先は、観客席ではなく、出場者として見た光景。
 もちろん公式の見解とは一切関係ありません

 2009年以来コスサミの本選および国内予選において続くジャッキー道齋体制。同時期、Cureの乾たつみ氏とも組んで、日本でも本格的に“動”的なコスプレパフォーマンスを定着させようとしていきますが。


 2012年、コスサミ国内予選に08年以来の地方予選が復活!いきなり再オープン化!?
 されど代表枠はやっぱし1組なので、東京3組/大阪2組/WEB1組の勝ち抜いた数チームが、6月の名古屋で最終選考を受け、二段階予選で日本代表を選出する形式になりました。
 ここで正解だったのが、道齋氏は自前のイベントを持ってる訳じゃ無いので、余所の大きめのイベント内に予選会を滑り込ませたんですね。大阪は日本橋ストリートフェスタ、東京はCOSSAN晴海、国内決勝はコミックライブ名古屋だったので、それぞれのイベント内での観客の反応が増えたのが大きいです。
 ついでに予選での特撮ジャンルがようやく解禁されました!…我々チーム大連立(戦隊)だけだったけどな。

 日程に余裕が出来て代表決定からチャンピオンシップまで1ヵ月半あるので、事前の関連イベントなどにもちゃんと日本代表チームが登場するようになりました。
 また2003年から数えて10周年記念として、パレードと外務省や愛知県庁の表敬訪問以外にも多くの関連イベントがあり、20ヵ国参加のチャンピオンシップは後半5組がテレビ愛知の圏内でゴールデンタイム生放送。代表チームとしての活動も約二週間の長丁場となりました。
 この時に代表となった本格的な剣劇アクションによる「薄桜鬼」チーム士魂-SHIKON-は、コスサミのアイコン的な存在として、アジア圏で広く公演しているので、海外での認知も高いです。

× × × × × × × × 

 2013年、第3のターニングポイント。コスサミは世界・日本ともに体制を大きく変更…もっと言うと分割します。
 巨大化して持て余された(?)コスサミの本選は、事務局がテレビ愛知→新会社の(株)WCSに。
 日本代表選考会を管轄するオーガナイザーも、ジャッキー道齋氏→COSSAN(株式会社ミネルバ)の柴田昭氏に。
 なお道齋氏は「WCS最高顧問」というインフレ気味のポジションに昇格(?)しています。名誉職みたいな感じかもしれませんが。

 いわば、国内予選が別のイベント団体に分割され、独立したという事でした。コスプレイベンターが日本代表選考会を全部仕切るってのは、コスサミ11年目・予選の公募制から9年目にして何気に初なんですよね…。
 地区予選は、東京国際アニメフェア/ニコニコ超会議/名古屋/大阪/WEBの5組に。
 しかし!(株)WCSもCOSSANも、体制移行による告知不足や混乱が相次ぎ、当年の国内予選が何処で行われて何が勝ち上がってるのかも伝わらず、当然ながら出場チームも増えず、手間ばかり異様に増えて、予選を拡大した意味があったのか…。
 予選のグダグダ感は毎度の事ながら、例年以上のそれは、確実に関係者達にトラウマを植え付けていきました。

 そんなスタッフ・出場者ともども混乱と疲労の後、6月の池袋西口公園で行われた国内決勝(最終選考)は、午前中までの雨も止まり、杉田智一のどうしようもないトークショウを挟みつつ、剣劇+肉体消滅ギミック+ゴシック衣装にこだわりを見せた「悪魔城ドラキュラX」チーム沙久が代表選に勝ち抜くという結果で、彼女達が(片方は6回目の挑戦、双方タレントとしての運用には向かない年代の)ベテラン社会人コンビであった事が、ある意味でガチ選考を証明する結果となったのでした。

 なお裏の記録として、TAF/超会議/WEBの3予選に出て全部落ちるという珍記録を、我々チーム大連立が達成しています!えへん。

× × × × × × × × 

 ハッキリ言いますよ。
 コスプレサミット日本代表選考会ってのは、他の多くのコスプレコンテストがそうであるように、公平公正透明なコンテストでは無いです。
 出来レース疑惑に関しては分かりません。ンなもん、有るとも無いとも言い切れません。
 でも約10年の間に…
 TV局の都合で審査上の1位チームを交代させた事(当人は了承済)もあれば、
 三人一組ルールの団体枠なのに四人組が選ばれてた事、
 コスプレのコンテストと言いつつ殆どの審査員が衣装を作った経験は無い事、
 スタッフが未公開情報をポロポロこぼしちゃうので必然的に身内有利になってしまう事、
 審査員と出場者がたまに利害を共有する関係である事、
 それらが周りに見透かされて出場チームが増えない事、etc…
 フツーに考えたらおかしい事が山のようにあります。

 本来、ファンが作品への思い入れを表現していくコスプレってジャンルに、統一基準での「世界一」なんぞ有るワケ無いだろ!!
 コスプレサミットの代表はコスプレ日本一/世界一という訳では断じて無く、あくまで独自の基準で“競技化”されたコスプレです。
 でも、その虚像を掴みにいく人達の、暑苦しい群像劇には、リアルなドラマがあったりします。
 ↑僕がよく使うフレーズですけど。

× × × × × × × × 

 ってゆーか、コスサミの2014公式サイト見たら、協賛企業によるDAMのカラオケコンテストやアプリコンテストの告知ばっかりで、もう日本代表選考会の存在すら触れられてないですね!
 ハイ!そんな虚々実々を織り込んだ日本代表選考会、2014年は超会議/アニメイト池袋/大阪/刈谷/WEB予選を終了し、6/29スターライズタワー(TV用スタジオから隣の東京タワーまで)が最終選考=国内決勝となります。

STAR RISE COSPLAY COSSAN / コスプレイヤーズアーカイブ

 地区予選通過5チームの傾向としては、“コスプレイヤーが思うコスプレイヤー像”のチームが選ばれてるな、という印象。パフォーマンスとしての完成度よりも、今年は衣装や原作愛が重んじられてる気がします。
 そしてその末席に自分が加われた事が、とりあえずうれしい。
 まぁ、誰が代表になろうと多くの日本人にもコスプレイヤーにも関係無いでしょうけれども、一応は一国のコスプレ文化の代表者と言うか体現者みたいなのが、見えない所で知らない間に決まっちゃうのもつまらないので。

 願わくば、皆さんも少しだけ、この奇祭に、一緒に乗っかっていただきたいと思います。



【関連リンク】
駄チワワ Twitter / Blog
世界コスプレサミット Twitter / HP

世界コスプレサミットとは Wikipedia / ニコニコ大百科

セントレアからスタート!世界コスプレサミット2012(名古屋オタ情報局)
一宮七夕コスプレパレード with WCS(コスプレ編) (名古屋オタ情報局)
一宮七夕コスプレパレード with WCS(全体編)(名古屋オタ情報局)
徳川vsコスプレ!?「錦通りレッドカーペット」開催(名古屋オタ情報局)
世界コスプレサミットチャンピオンシップ(コスプレ編)(名古屋オタ情報局)

一宮七夕コスプレパレード開催。レイヤーさんが街を闊歩!(名古屋オタ情報局)
世界コスプレサミット2013開催。(8月3日オアシス21編) (名古屋オタ情報局)
世界コスプレサミット2013開催。(8月4日大須編) (名古屋オタ情報局)

  
関連記事
スポンサーサイト

| コスサミコラム | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/410-c8deaf17

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>