名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【期間限定連載コラム】駄チワワのキグルミから観た風景 第5回

DSCF3514_20140615204401bd4.jpg
最終話 「コスサミのお金と夢の話」

 それが楽園でも闘技場でも、作るのにはお金がかかる。
 夢を売るのだって只じゃない。

 8月21日。平日夜の秋葉原。
 アキバ知財セミナーにて、(株)WCS小栗徳丸代表による講演が行われました。
 「日本文化の配信について」というのがメインテーマですが、お金にまつわるお話や外から見たコスプレの像、興味深い内容を聞く事が出来たので、だいぶ間が空いてしまいましたが、出張コラム最終回にこれを持ってきます。

 以降、伝わりやすいように表記を変えたり話の順番を並べ替えたりはしていますが、小栗代表の語る意味合いは、かいつまんでこんな内容だった…というレポートをドーゾ…。


■コスプレサミット開催と(株)WCS設立のいきさつ

「2003年の初回は、テレビ愛知のプロデューサーとして関わりました。当時深夜で『大須のコスプレ物語』っていうコスプレを扱った番組をやってて、で海外のイベントに行ってみると、そこで出会うコスプレイヤーの人達、みんな日本が大好き。じゃあ、自分達がメディアとして何か出来る事は無いか?って思ったのがキッカケです。海外のコスプレイヤーと話して、初めて、日本が愛されてるって実感があったんです。 愛知に根を下ろしたイベントとして、本気でやってみようと。まずは単なる仮装とコスプレの伝えたいと。コスプレには作品愛がある。メディアでは混同されてますけど」

「いわゆるコンテストの他に、名古屋の真ん中がハロウィンみたいに、何日間か、コスプレのお祭りになるようにしたかったんです。もうコスプレサミットって言うのもだいぶ浸透していて、空港で税関の職員の人達も、(巨大な衣装や大道具の荷物が来ても)コスサミだって分かると、すんなり通してくれるんです!」

「今年からはチャンピオンシップの会場が、オアシス21から隣の芸術劇場に移りまして、もう、台風とぶつかっても参加国が増えても大丈夫なように。内心、いつ台風とぶつかるかとヒヤヒヤしてたもので…。オープニングはトヨタのアクアのCMで千本桜弾いてるまなしぃさんの演奏で、外務省の高田課長が授賞式のプレゼンター。翌日の大須コスプレパレードは、予定の2時間半経ってもまだ途中(苦笑)」

■お金の話

(過去参加国の変遷を見せながら)
「基本的にはスポンサーの数に応じて参加国を増やせるんです。実は2003年に始めた頃は、2005年をゴールに設定してました。愛知万博に併せて。この2005年の万博の中で、初めて国別のパフォーマンス対決形式でやったら、各国メディアに取り上げられました。もう、終わった途端に参加希望国がドッと来た。…その後はテレビ愛知のお金のタレ流し(苦笑) 2009年から実行委員会形式にして、とにかくスポンサーを集めようと。
 でも赤字が収まらないので、今から2,3年前、コスプレサミットは無くなる危機でした。だから2012年に自分達で(株)WCSを立ち上げて、2013年からはテレビ愛知に代って運営を引き受けました。今は立て直しの途中です」

「全世界で予選の観客動員が120万人くらい。他に32ヵ国が出場希望でスタンバイ。○○○が来年出ます。出場希望国ってのは、まずその国の日本大使館や領事館を通して、外務省からWCSに連絡が来るケースが多いです」
(注:予選会を単独で開催しているのではなく、大型イベント内での併催パターンが多いので、その全体の動員数を加味されていると思う。また外交ルートが使われる以上、外務省との関係がより深くなっていると見た)
 
「以前は渡航費用も含めてこちらがお金を全部出していたけど、今は滞在費はこちらで、渡航費用は各国でスポンサーを見つけて出してもらってます。テレビ愛知時代は100%、広告スポンサー頼みでした。でもそれじゃいけないんで、自分達で売り物を、コンテンツを作ろうって事で、岸田メル先生にキャラクターを描いてもらって、アニメ化計画も進めてます」

「2012年から、ボランティアでWCSおもてなし学生委員会というのがスタートしてて、愛知県内の15大学から集まってまして、彼ら本当によくやってくれるんです。今までどうしても、せっかく来てもらった海外チームをあちこち引っ張り回す形になってしまってて…。 今は学生ボランティア達のおかげで、空いた時間を使って色んな観光地やお店にも案内できて、もっと日本を知って、好きになってもらう事が出来る」

■外から見た日本のコスプレと、展望

「日本のコスプレイヤーって、社会に出てこない。世間の目に触れる事で、自分達の遊び場を失うのを恐れている。ルールを自分達で作って、それを守っているように見えます。外国人は(コスプレを)茶道華道に近い感覚で、オープンにしてます。特にアジア圏では、コスプレイヤーって富裕層です。英語が出来て、教養と所得が高い人達の趣味なんです。そして日本が好きなコ達だから、もっと日本を好きになってもらって、いずれは大使のようになってほしい」

「僕らとしては極力、コスプレのルールを緩くしていきたいんです。だからコスプレのまま地下鉄乗っても良いよって。」
(現在では名古屋市交通局とのコラボも実現し、露出や安全に気をつければ、地下鉄やバスにコスプレのまま乗って良い事になった。海外イベントでは当り前の光景だそうだが、日本では極めて珍しい)

「僕はコスプレサミットを名古屋だけのものにはしたくなくって、みんなのものにしたい。テレビ愛知から離れた事で、できる事もある。中日新聞っていうプロパガンダも付いてくれましたし…」
(中日ドラゴンズのオーナー会社でもある中日新聞は中部地区で圧倒的シェアを誇っており、東京新聞もこの中日新聞社の東京支社が発行しているので、総発行部数では読売・朝日・毎日に次ぐ大メディアである)

「目標としては、東京オリンピックの2020年までに待機国をゼロにしたい。その頃は…80ヵ国くらい?ゆくゆくは国内予選も47都道府県で、地域のお祭りとコラボしながらやりたい。そういう話を、新しい日本オーガナイザーにもお願いしてます」

× × × × × × × 

 ここから駄チワワの語りに戻る…。
 前々から気になってたんですよね。
 コスプレサミットのキャッシュポイントってどこ?って。
 更衣室やチャンピオンシップの入場料なんて場所代にしかならないし、併催するアニソンライブでもそこまで利益を上げてるとは思えない。じゃあやっぱり余所からの資金注入に頼ってる筈なんだけど、リーマンショック以降の企業の広告予算の落ち込みを考えると、スポンサー企業だけで黒字化できてるのかも怪しい。じゃあ最後は省庁や自治体からの助成金…?いや、それもどうやら違うらしい。

 …赤字だったんですね。盛大に。
 外から見てると気づかないけど、やっぱり2,3年前、コスサミは本当に存亡の危機に立っていたそうです。
 当時の主催であったテレビ愛知は色んな事業を展開している企業ですから、コスサミの開催自体が赤字でも、数年来なんとかやって来ていた訳ですが、規模が大きくなるにつれ、さすがに一地方局で背負うのは厳しい額へ膨らんでしまったとか。
 毎年毎年流れ続ける血を、どこかで止血する事が出来ないまま、拡大を続けてしまったツケと言うべきものでした。
 一昨年の夏に起業された(株)WCSは、立ち行かなくなったコスサミの受け皿であって、そこから財政立て直しのための奔走が始まるのです。小栗さんのツイッターやフェイスブック追ってるとホントに地球規模で駆け回ってるのが分かるし、「名古屋在住なのに名古屋市内では小栗さんを見かけない」というローカルな都市伝説まで言われてます。

 あと、僕はブログの方でも何度も言ってるけど、元々がコスプレ業界の人が始めたイベントじゃないんで、日本のコスプレ側の常識が通用しない、自由な発想でやって(しまって)くれてるってのがよく分かりました。
 「更衣室を使わなくてもコスプレのまま来て良いよ」なんて、既存のコスプレイベントじゃ、まずやりません。フツーは更衣室使用料が最大の収入源な訳ですから。
 それが怖い所でもあり、面白い所でもあり、いわば“外側”の人達が始めたイベントに、“内側”の人達が理想や利権を求めて後から乗っかっていって、振り回される姿も見え隠れします。
 側面や裏側を読んでいくのが、こんなに面白いお祭りはありません!

 …と、ここまで5回。出張での連載(になってないけど)は、今回で一旦終了!
 年内はコスサミも純粋なプロモーションの時期で、年明けまで予選も無いでしょうから、一休みの時期です。
 また来年、僕はどこかの予選のステージや客席にいると思います。
 その時には、日本代表チームの座をつかめてると良いなァ…。



今年の5月末に思い付き、コスサミの予選にて急遽お願いしたコスサミのコラム。
原稿料も殆ど出せない代わりに回数も締切も決めないし文責を全てこちらが持つから!という無茶苦茶な以来であったにもかかわらず快く承諾してくださったイケメン駄チワワ様。
本当にありがとうございました!!
アーカイブでの連載も応援しております!!


【関連リンク】
駄チワワ Twitter / Blog
世界コスプレサミット Twitter / HP

世界コスプレサミットとは Wikipedia / ニコニコ大百科

セントレアからスタート!世界コスプレサミット2012(名古屋オタ情報局)
一宮七夕コスプレパレード with WCS(コスプレ編) (名古屋オタ情報局)
一宮七夕コスプレパレード with WCS(全体編)(名古屋オタ情報局)
徳川vsコスプレ!?「錦通りレッドカーペット」開催(名古屋オタ情報局)
世界コスプレサミットチャンピオンシップ(コスプレ編)(名古屋オタ情報局)

一宮七夕コスプレパレード開催。レイヤーさんが街を闊歩!(名古屋オタ情報局)
世界コスプレサミット2013開催。(8月3日オアシス21編) (名古屋オタ情報局)
世界コスプレサミット2013開催。(8月4日大須編) (名古屋オタ情報局)

【コラム】駄犬の切り貼り実験ノート
【コラム】コスモードの栄光と挫折(アーカイブ内コラム)
【コラム】そしてゲームショウはコスプレを利用する(前編)(アーカイブ内コラム)


  
関連記事
スポンサーサイト

| コスサミコラム | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/420-35f60565

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。