名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

閉店セール始めました。「BiblioMania雪見」

IMGP1078.jpg
局長の友人である鈴村純平氏の経営する古本屋「BiblioMania雪見」が、6月末をもって残念ながら一時閉店となる。
店長の鈴村氏によれば「閉店は経営の悪化等ではなく、入居しているビルが老朽化で来月取り壊すのが理由です。」とのこと。


お店の場所は名鉄「本笠寺」で下車して東へ徒歩2分程。JR「笠寺」から下車しても行くことはできるが、こちらは電車の本数も少ないうえに徒歩15分近くかかるのであまりお勧めできない。

IMGP1070.jpg IMGP1071.jpg
店内は古本屋だけあって非常に落ち着いた雰囲気で、品揃えも結構豊富。
店長がサブカル好きなだけあってよく見ると特撮関係のおもちゃやアニメのフィギュアも置いてあったりと、ヴィレッジヴァンガードの一部を切り取って持ってきたような印象を受ける。


IMGP1074.jpg
這いよれ!ニャル子さんで有名になった「クトゥルフ神話コーナー」。
冊数は少ないものの、しっかり基本を押さえた(?)品揃え。
その下のオカルトコーナーもその辺の本屋ではなかなか見られないタイトルが並ぶ。

IMGP1075.jpg IMGP1076.jpg
古本屋でありながらも店長の趣味あふれる東方と特撮のコーナー。
通常こういうものを並べると周囲との違和感が凄まじいことになりそうなものだが、マンガ・小説・写真集・資料集・絵本と幅広く扱っているのと店内内装やディスプレイで巧みに違和感を消してしまっている。
この辺の陳列の腕は見事。

IMGP1081.jpg
レジ前の絵本コーナー。通常「海外の絵本」というと欧米諸国と日本ぐらいしか置いてないが、ここでは中国や韓国といったアジア圏までカバー。
特に韓国の絵本は普通どこの本屋でも見かけない気がするので驚き。
ハングルが読めないのでどんな話かはさっぱりだったがw

IMGP1080.jpg IMGP1073.jpg
フリーペーパーとクリエイターズグッズコーナー。
地域振興組合「かんでらmonzen亭」に加盟しているこのお店では笠寺生まれの水彩画家「佐田保」氏の画集や、若宮商業高校の生徒さんたちが開発した「変わり絵馬」をクリエイターズグッズとして取り扱っている。


今回の取材に際し、「せっかくだから店長の写真も撮りましょう」と言ったら局長と店長二人のスイッチが入ったらしく、「ちょっと着替える。」と言った数分後・・・・・・こうなった。
IMGP1095.jpg
※あくまで撮影用に着替えたものであり、普段はこんな服装で接客はしておりません(念のため)

二人して悪ノリした結果がこれだよ!!ww
こんな格好で撮れと言う方も言う方だし撮る方も撮る方だが、その最中に「○○さん見んかったかね?」と入ってきて全く動じなかった近所のお店のおばちゃんも凄い。笠寺って温かい街ですねw
こんな面白い店長さんがいるお店が今月でなくなるというのは非常に惜しいが、ビルの老朽化とあれば仕方ないし店長自身も「まだまだお店自体は続けたいから、暫くはネットショップとして活動しますが必ず復活しますよ。」とのことなのでその日を心待ちにしたいところ。

なお、今回の閉店に当たり同店では閉店セールを実施。期間中店頭商品に限り全品1割引にて販売を行なっている。
名古屋からのアクセスは微妙ではあるものの、探していたあの本がきっと見つかると思うので是非閉店までに行ってみてはいかがか。


さて、ついでとして店長から頼まれたお知らせも。
BiblioMania雪見の裏手にある「かんでらスタジオ」にて、6月16日に第10回笠寺音楽フェスが開催される。
当ブログ読者の喜びそうなアーティストは来ないものの、路上で活躍する若き11組のアーティストたちが各自30分ほどのステージを繰り広げるほか、共催イベントとして「クリエイーズマーケット」的イベントの「クリケット」や、珍しい「笠寺観音”カメの総選挙&園児の絵”」も開催される。
参加・入場も無料なのでお暇な方は間もなく閉店となるBiblioMania雪見を覗きに行くついでに行ってみてはいかがだろうか。
イベントの詳細はかんでらmonzen亭HPのトップページにて。


【関連リンク】
BiblioMania雪見 HP / Twitter
かんでらmonzen亭
もんでらkanzen亭
関連記事
スポンサーサイト

| コラム | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/86-a1e6953f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。