名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

激しく、熱く、柔らかく、甘い。「未完の恋」発売。

news_large_mikannokoi-obi.jpeg
宮内由香氏の短編集「未完の恋」が6月12日に発売となった。
「未完の恋」は芳文社のガールズラブ雑誌「つぼみ」に掲載された短編をメインに収録された短篇集であるが、全てが百合モノというわけではないので「そういうもの」だけを期待して買わないよう注意が必要。
女の子を主人公とした話がメインとなっている本書の帯には「女の子体新書」という一言紹介文が大きく書かれていた。


「激しく、熱く、柔らかく、甘い。」
女の子という生き物は、何一つ同じものはないという。
親戚のお姉ちゃんと小さな子、鬼丸さんと水科さん、
虫歯が痛い食いしん坊、ドス黒眼鏡と無邪気な少女…。
表題作他、描き下ろし+本誌未収録=60p以上のボリュームで贈る、
あなたへの女の子解体新書。

――――――芳文社特設ページより抜粋


IMGP1144.jpg IMGP1126.jpg
メロンブックス名古屋店(左)ではお店入ってすぐの新刊コーナー角に小さなタワー積みで陳列。購入特典としてリバーシブルのイラストカードが付属。なお、POP等はなし。
アニメイト名古屋店(右)は大判新刊コーナー本棚での陳列。同じくPOP等はなし。

作者の宮内氏は主にコミックLO等の男性向けエロ漫画をメインに描いている漫画家であるが、はてなキーワードによると『人物の心の機微を繊細なタッチで描くその作風は支持を集めている』とのこと。

「未完の恋」の感想としては百合な日々さん『結ばれない百合とはいえ、単に話を面白くしようとして悲劇オチにしたお話はひとつもなく、他人ごとのように描かれることもなく、どの作品もヒロイン達が真剣に女性に恋をしている姿が描かれています。』や、さん『超画力とコマ割とお話と全部すごい。幼馴染のお姉さんに憧れる大学生の女性と、そのお姉さんの幼い息子との秘密の共有『ファミリア・ファミリア』が最愛。』などなど。

なお、現在芳文社の特設ページではweb限定描き下ろしメッセージペーパーを公開中。
ダウンロードにシリアルナンバー等は必要ないので、購入した方もまだの方もダウンロードしてみてはいかがだろうか。

【関連リンク】
うさぎの穴ブログ (作者ブログ)
未完の恋 (AA)(芳文社特設ページ)(メロンブックス特設ページ
宮内由香の短編集「未完の恋」発売、未単行本化作品も収録 (コミックナタリー)

【感想リンク】
超画力とコマ割とお話と全部すごい。(ry - 悟(Twitter)
上の続きツイート - 悟(Twitter)
さらに続きツイート - 悟(Twitter)
未完の恋 (宮内由香) - 百合な日々
関連記事
スポンサーサイト

| コミック | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/90-7e650308

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。