名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

壮大な天子の冒険異譚「天子の旅」再入荷

IMGP1169.jpg
シーラカンヌ氏のサークル「SINNNKAI」がコミックマーケット81にて発行したフルカラーイラストストーリー同人誌「天子の旅」が6月12日、メロンブックス名古屋店に再入荷した。
メロンブックス特設ページによると『幻想郷とは違った世界観&設定で織り成す、異色の東方ストーリー本』で、以前Pixivにて連載していたものをまとめて文章を付けたものとなっている。




某webサイト上で発足した短髪天子ちゃんの冒険の記録を綴る、フルカラー本が登場です!
天界に座を構える宮殿こと“名居殿王宮”の時期国王候補とうたわれる一人の青髪の少女。
箱入り娘ながらも好奇心旺盛な彼女の瞳は、いつしか外の世界へと向いて行くのですが…?
髪を切った幼い天子が未だ見ぬ大地へ旅立っていく様を、美麗イラストと共にお届けします☆
幻想郷とは違った世界観&設定で織り成す、異色の東方ストーリー本を是非ご堪能下さい。
――――――メロンブックス特設ページより抜粋

IMGP1148.jpg
メロンブックス名古屋店での陳列の様子。
再販・再入荷本なのでちょっと目立ちにくいかもしれない配置。
ちなみにそのすぐ横には例大祭新刊の「短天ちゃんが死んだよ。」が陳列されていた。

IMGP1171.jpg
「天子の旅」は同人誌としては珍しいB5横向きという装丁。
ページも薄目のものを使っているため、32ページというボリュームの割に見た目は薄い。
中身はフルカラーイラストとストーリー・解説文で構成。
コミックというよりはイラスト集に近い印象。

IMGP1172.jpg
特設ページで「幻想郷とは違った世界観&設定」と紹介されているように、他のゲームやオリジナルのキャラクターが普通に登場。
天子の父や衣玖さんの師匠どころか、シーラカンヌ氏の好きなゲーム「モンスターハンター」や「ポケットモンスター」のモンスターが何の躊躇いもなく登場しては暴れまわる。
写真は天子の足として活躍することになる「ドスランポス」の紹介。
見せ方がうまいからか、何も言われなければ「こういうもの」として過ごしてしまうほど違和感がない描かれ方をしている。
文章の文字は少々小さめでちょっと読みづらい印象。ブログでも振り返っているが、あと1ポイントほど大きくしたほうが読み易いと思う。

IMGP1173.jpg
シーラカンヌ氏の絵で個人的に惹かれたのがこの開放感溢れる空の描写。
『キャンパスごとくるくる回転させつつ雲ブラシをクリックするだけの簡単なお仕事』と作中で語っていたが、決してそれだけに見えないのが凄い。
また、絵ごとの緩急のつけ方や美しい風景、壮大なスケール感など収録されている絵の美しさは語っても語り尽くせないので是非手にとって確かめて欲しい。

IMGP1176.jpg
本作はとりあえず「彼女たちの旅は始まったばかりだ!」というところで終わり。
作者ブログによれば3部構成の予定で、今後は今年の夏冬で完結とのこと。
まもなく開催される夏コミで発行されるかは分からないが、是非とも楽しみにしたい。

「天子の旅」の感想としては折葉坂三番地さん『初めてpixivで見た時の、あの壮大すぎるスケールは圧巻の一言。絵もそうなんですがデザインが本当に素晴らしい。』などなど。


【関連リンク】
シーラカンヌ Twitter / HP / Pixiv
「天子の旅」メロンブックス特設ページ
奇跡の狭間による絵師インタビュー記事
天子の旅(Pixiv)

【感想リンク】
折葉坂三番地
関連記事
スポンサーサイト

| メロンブックス | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/93-7cd39d76

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>