名古屋オタ情報局

名古屋のイベントレポが中心になりつつあるあまり情報のないオタブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ふわり香るは何の香り?「恋のカオリ」発売

IMGP1252.jpg
百合漫画家である竹宮ジン氏の新刊百合コミック「恋のカオリ」が18日に発売となり、名古屋駅前のアニメイト・メロンブックスでも入荷・販売がされていた。
百合姫コミックスでは3冊目の単行本となる今作は「香り」をテーマにした中・短編を収録した短編集で、裏表紙の帯でも「学生×学生、学生×教師の切なく甘い香り漂う作品集。」と紹介されていた。


ミミは同性に恋するJK。
SNS内で、クロさんという女性にだけ女の子に恋する悩みを相談していた。
ある時、想い人に彼氏が出来たことを知って、思わずクロさんに泣きついたミミだけど…。
初々しい恋をする女子高生×女子高生のお話二編を初めとして、香りをテーマとした高校生×教師のお話など全六編に描き下ろし一編も加えた一冊。
Perfumeみたいな恋の魅力のトリコになってみませんか?
――――――一迅社HPより引用

IMGP1239.jpg IMGP1234.jpg
アニメイトでは一迅社コミック新刊棚の最上段に陳列(写真左)。場所の都合とPOP等が無いせいで表紙を知らないとちょっと探すかもしれない配置。
逆にメロンブックスでは大判新刊コーナー平台に手書きPOP付きで陳列。店員さんにファンでもいるのかかなり詳細な紹介POPで、ファンの局長はついつい(・∀・)ニヤニヤ。
なおメロンブックスでは購入特典としてイラストカードが付属。

竹宮ジン氏の絵の魅力はなんといっても凛とした艶のある女の子たち。今作でもそんな女の子達が多数登場し、甘く切ない女同士の恋模様を繰り広げる。


IMGP1254.jpg IMGP1255.jpg
中編「返信お待ちしております☆」と「気になっちゃってゴメンなさい☆」。2つで1つのお話というかほぼ前後編。
SNSで出会った2人を主軸に初々しい女の子同士の恋模様が展開される。
なんとなく数ページでオチが読めるとはいえ、作者には珍しい「小動物のような」可愛らしい主人公の挙動が見どころ。また、モノローグに登場する顔文字(写真右)も賛否両論ありそうだが、SNSという舞台装置を上手く感じさせる要素となっているかと。
ちなみにこの話には「香り」の要素はないものの、1冊のなかで準備運動というか前菜のような感じでなかなか良し。

IMGP1258.jpg
同じく前後編な「sweet」シリーズ。今回のテーマ「香り」を扱った1つ目。
タイトルにあるように「甘い香り(バニラ)」の漂う同級生(♀)から告白された主人公(♀)。
「ごめんムリ。」といったんは断るものの、だんだん気になり気が付けば目で追うようになり、挙句には同級生の実家のシュークリームすら食べるのに躊躇するように・・・
この「ノンケがだんだん落ちていく様」が非常にニヨニヨさせられる。
というか誘い受けにしても同級生がやり手すぎてもうね・・・・・・w

IMGP1259.jpg IMGP1262.jpg
ラストを飾るのは描き下ろしを加えた中編「love」シリーズ。
こちらは前後編+αな感じで、同じ学校を舞台に異なった2つの恋模様を描かれる。
ちなみに+αの方は「香り」要素なし。
「sweet」は体臭というか残り香(と書くとなんかアレだが)がテーマだったが、こちらはれっきとした香水(香油)によるもの。先生と生徒の香油談義が個人的になんだか見ていて楽しい。
またこちらはお互いがノンケの状態から徐々に惹かれ・・・といった感じで、「恋は思考云々より本能」なのだなと感じる1作。

全体を通してみると百合を扱った作品集でありながらもライトな感じで、百合初心者にも安心しておすすめできる1冊。また本自体もそれほど分厚いものではないので「ちょっと百合を読みたい」という時にもちょうどいいかと。

その他の方々による「恋のカオリ」の感想としては天秤さん『チカの香りがお菓子の香りであると認識していたのに、いつしかお菓子の香りをチカの香りと認識するようになっていた場面とか大好きです。何故だか共感して叫びたくなりました。この読了感は味わって欲しい。‪』や、畝傍改さん『しかし竹宮ジンさんて本当に読者をドキドキさせる表現がうまいよな。今回もやられちった!』などなど。


【関連リンク】
竹宮ジン Twitter / Blog
恋のカオリ 一迅社 / アニメイト / メロンブックス / Amazon
コミック百合姫

【感想リンク】
恋のカオリ(竹宮ジン) - 百合な日々
竹宮ジンさん『恋のカオリ』(百合姫)読了。 - 天秤(Twitter)
『恋のカオリ』香りに関するあれやこれや。 - 畝傍改
関連記事
スポンサーサイト

| コミック | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nagoyaota.blog.fc2.com/tb.php/99-e4309623

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。